ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

イベント

マルティナ、ゾネントア、ソネットを迎えて開催されたおもちゃ箱主催プレスセミナー

1987年にシュタイナー教育を学び実践する活動の中から生まれた会社がおもちゃ箱。オーガニック愛好家には、すぐれたオーガニック製品を取り扱い、ヨーロッパのこだわり玩具や生活雑貨を扱うショップ「キンダーアルムお台場店」でおなじみですね。このおもちゃ箱が主催するプレスセミナーに参加しました。

 

肌本来の機能を高める
─マルティナ オーガニックスキンケア

omochabako-pressseminar-01

まず最初はドイツのオーガニックコスメ、マルティナ オーガニックスキンケアの創設者で代表のマルティナ・ゲブハルト女史の講演からスタートです。建築学科の学生だった頃に化粧品作りを始め、チェルノブイリの年に展示会に出展。ビジネスは大きくなりましたが、彼女が大切にしているのはマニファクチュア、手を使って作ることとホリスティックなアプローチ。祈ることはリラックスにつながると語ります。

omochabako-pressseminar-02
▲マルティナ社の製品はビオダイナミック/デメター認定をうけています。手作業にこだわり、天体のリズムを考慮して、全ての製品を自社工場で製造・生産しています。

 

すべては調和の中に
─ゾネントア オーガニックハーブティ&フード

omochabako-pressseminar-03

続いて、1988年オーストリア ニーダーエスターライヒ州ヴァルトフィアテルにヨハネス・グートマン氏によって設立されたオーガニックハーブティ&フードのゾネントア社。創設当初は3つの契約農家から始めたビジネスも、現在は150以上のオーガニック&ビオダイナミック農法の生産者と契約しています。日本では月のお茶を始めとしたさまざまなハーブティで有名ですが、スパイスやコーヒー、マヌカハニーなどを世界40カ国以上の国々へ輸出しています。植物の暮らしに寄り添い、しかるべき時にしかるべく、が基本。「笑顔の太陽=SONNENTOR」は「太陽」と「門」を合わせた造語。ロゴマークの24本の太陽光線は、24時間いつも太陽に守られていることを表しているそうです。

omochabako-pressseminar-04
▲講演者のブランド大使・ベルンハルト・シュナイダー氏と。ニュージーランドでのマヌカハニーの養蜂はシュナイダー氏によるもの。

 

生命の源 水を守る
─ソネット オーガニック石けん&洗剤

omochabako-pressseminar-05

トリを飾るのは、1960年代に起きた石油系合成洗剤による水質汚染問題に心を痛めた科学者の思いから、エコ洗剤や洗濯洗剤の先駆者として1977年にスタートしたソネット社。人智学に基づいた企業理念と品質概念を守り、ECO GARANTIEと気候変動ストップという2つの厳しい認証を取得しています。

omochabako-pressseminar-06omochabako-pressseminar-07
▲左:1992年に経営を引き継いだ共同代表のベアーテ・オーバードルファー女史とゲアハルト・ハイド氏。
▲右:水、空気、土壌、食べ物は循環して人の身体に戻ってくると語る化学者でもあるベアーテ・オーバードルファー女史。製品と一緒に。
おもちゃ箱 http://www.omochabako.co.jp/

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]