ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

イベント

世界の環境問題を受け止め、思い、考え、行動する映画。3つの物語、3つの文化、3つの大陸、目的はひとつ、社会変革「ELEMENTAL 生命源 ~自然とともに~」

UnitedPeople_1

意識が変わっていった東日本大震災後の日本でも、国という枠組みを超えて世界の環境問題へ関心が向けられています。世界の環境汚染の状況やそれに対してアクションを起こしている人たちの思いを映画で観て知ることで、身近な問題とのつながりが発見できるかもしれません。

「ELEMENTAL 生命の源 ~自然とともに~」という、私たちが生きている時代で最も過酷な環境課題に対峙し解決のために奮闘する、自然と強い絆を持つ 3 人の活動を追ったドキュメンタリー映画をご紹介します。

ガンジス川を蘇らせるため40日間に及ぶ平和の巡礼の旅に出て、工場の閉鎖やダム建設を止めるための行動を起こし、インド人にとって聖なる川であるガンジス川に人々が敬意を持つようにと願い、行動する「水のガンジー」と讃えられる活動家、ラジェントラ・シン。

UnitedPeople_2

カナダ北部の産業開発事業「タールサンド(オイルサンド)」の開発に待ったをかけるため家族総出の継続的な挑戦を続け、暮らしやコミュニティーを守るため巨大企業との闘いに挑んでいる、先住民族デネ族出身で若い母のエリエル・デレンジャー。

UnitedPeople_3

人類が直面する環境問題の解決となる鍵は、自然自身に備わっていると確信を持ち、自ら発明した革新的な機械が、地球温暖化を遅らせることができると信じて疑わず、数億円単位の出資を求め投資家を探している、オーストラリアの発明家で起業家のジェイ・ハーマン。

インド、カナダ、オーストラリアと3つの異なる大陸で、自然保護のために奮闘する新時代の環境ヒーローたちの物語です。

この映画の配給元は「ユナイテッドピープル」。文字どおり、一人ひとりをつないで、より良い世界を創りたい、という思いを込めつけられた名前です。同社が運営する市民上映会のポータルサイト「cinemo by ユナイテッドピープル」のラインナップには、社会の課題をテーマにした作品がたくさんあります。

UnitedPeople_4

そしていずれの作品についても、誰でも市民上映会の開催が可能です。一人ひとりが力を持ち寄り知恵を出し合うことが、社会の課題解決につながっていくと考えているそう。大きな課題を解決することは難しいことですが、映画をきっかけにたくさんの仲間と出会い、シネマ・ダイアローグや交流会を通じて、それぞれのヒントや気づきが得られる場ができていくのではないでしょうか。

*国連が定める「国際ヨガの日」6月21日には、特別料金で上映が可能です。
本映画の市民上映会お申し込み方法は、
ユナイテッドピープル 市民上映会開催のお申込みページ
に詳しく紹介されています。

ユナイテッドピープル http://unitedpeople.jp/
cinemo by ユナイテッドピープル https://www.cinemo.info/

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]