ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

イベント

有機栽培・アイガモ農法の田んぼで田植え体験。〈ビオ・マルシェの宅配〉能勢リサーチファーム

2016年6月5日(日)、大阪府豊能郡の有機栽培の水田で 田植えイベントが開催されます。

有機の農産物・加工品と環境にやさしい雑貨を扱う〈ビオ・マルシェの宅配〉が 「能勢(のせ)リサーチファーム」として毎年おこなっている企画ですが、宅配会員以外の有機農業に関心のある方も対象として参加者を募集中です。

img_102907_1
農業体験イメージ

生産者と消費者の「顔が見える関係」を大切にしている「ビオ・マルシェの宅配」では、産地訪問イベント『リサーチファーム』を年間を通して開催しています。大阪府の「原田ふぁーむ」や和歌山県の「ビオ・ランド紀の川」での米作り体験、滋賀県の「大中農友会」でのとうもろこし刈りツアーなどによって、有機農業への理解を深めてもらう取組みです。

今回のイベントでは、参加者全員で稲を手植えするとともに、有機農業ならではの雑草対策として、アイガモの雛を水田に放します。アイガモ農法は、雑草や害虫を食べて肥料にしてくれることの他にも、泳ぎ回ることで水田の水が掻き混ぜられ雑草を抑制するなど、稲の生長にさまざまな良い影響があるそうです。

当日は、田植え体験のほか、有機栽培のトマト畑の見学などが予定されています。有機栽培にこだわる生産者との交流を通じて、環境や生き物との調和と多様性を大切にし、持続可能な社会を目指す有機農業の考え方を体感できる機会です。

 
イベント概要
日 時:2016年6月5日(日)
10時15分~受付
 10時50分イベント開始 14時00分解散予定  ※諸事情によりスケジュールを変更することがあります
場所:大阪府豊能郡能勢町倉垣(原田ふぁーむ)
対象者:ビオ・マルシェの宅配会員、有機農業に関心のある方
内容:有機栽培の水田での田植え、有機栽培の畑見学、生産者との交流

応募締切: 2016年5月30日(月)12時00分まで
募集定員: 40名
参加費:  ・1家族4名まで…会員1,000円、会員以外1,500円   
・1家族5名以上…会員1,500円、会員以外2,000円
※キャンセルは3日前まで無料。その後は参加費全額を負担

申込: 電話またはメール
TEL :0120-06-1438 (月~金 9:00~18:00)
MAIL : info.bio@biomarche.jp  (件名を「田植え申込」とし、本文に代表者名・ふりがな・性別・年齢・電話番号・参加希望者数を明記)

 

ビオマルシェ2
「原田ふぁーむ」 菅原玲子さん(左)と 原田富生さん(右)

大阪府最北端の能勢町にある「原田ふぁーむ」。農業歴40年以上のベテラン生産者・原田富生さんが、試行錯誤を重ねつつ愛情をかけて有機のお米、トマト、葉野菜などを育てています。有機の杵つき丸もちなども作っています。

今後も10月2日に稲刈り、10月30日に餅つきのイベントが予定されているそうですよ。

 

「ビオ・マルシェの宅配」を運営する ㈱ビオ・マーケットは、有機農産物の小売・卸売を手掛けること30年あまり。有機農産物・有機加工食品の会員制宅配において国内最大規模であり、有機農業が持続発展する生産・流通システムの構築を推進しています。直営の有機食品専門店として、さいたま市「ビオ・マルシェ大宮高島屋店」、千葉県流山市「ビオ・マルシェタカシマヤフードメゾンおおたかの森店」があります。

 

株式会社ビオ・マーケット
大阪府豊中市名神口1丁目8番1号 TEL. 06-6866-1438

http://biomarche.jp/

 

 

 

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]