ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

フード ライフスタイル

enjoy organic ! vol.1 国産有機牛乳×トルコのオーガニックヨーグルトでヨーグルトを作る!

2月に訪れたイスタンブル。ELTA-ada社のオクタイさんからお土産にいただいたオーガニックヨーグルトと国産のオーガニックミルクで、ヨーグルトを作ってみました。

Jogurt2

 

トルコ産オーガニックヨーグルトって?

 
トルコ産オーガニックヨーグルトはいかにも自然!濃いところと薄いところがあって、搾りたての牛乳に手を加えずそのままヨーグルトにしたという感じです。濃いところは、濃厚でクリーミィですが、全体に爽やかな酸味があり、とてもあっさりした食べ心地。

 
数年前にドイツのスーパーで買ったトルコヨーグルトは、日本でも人気のギリシャヨーグルトに似ていました。こってりとしていて、まるで生クリームみたい。あるいはもっとクリーミィだったかもしれません。ずいぶん違った印象です。

 

オーガニックヨーグルトの種を育てる!

濃いところなら、ヨーグルト菌も生きているかもしれない!と思い、一匙すくって牛乳を注ぎ、よく混ぜて一晩寝かせました。でも、全然変化がなくて、3日ほど放置。すると上の方が固まっていたので、成功したのかと喜びましたが、油脂分が固まっていただけ。下は牛乳のままでした。

 
ここで、あきらめるわけにはいきません!下の牛乳部分を一匙すくって別の容器に移し、新しい牛乳を注いで、よくかき混ぜ、寝かせて…。また移して寝かせて…。この手順を3回ほど繰り返したときに、全体が固まってヨーグルト作りに成功!

 
やっぱり、菌は生きていたんですね!!ミラクルです。最近では、気候も暖かくなり、一人分の容器(150CC)なら毎日作ることが出来るようになりました。

Jogurt3
▲3日後:表面だけゴツゴツと黄色く固まって下は牛乳のまま

Jogurt
▲繰り返すこと3回:全体が均一に固まってヨーグルトに!

 

国産有機牛乳×トルコ産オーガニックヨーグルト菌

 
せっかくなら、有機牛乳で作ってみようと思い、タカナシの国産有機牛乳を購入しました。固まったヨーグルトの中心部をすくい、別容器に移し、有機牛乳を注いで1日から、気温が低い日だと1.5日室温で放置すると、オーガニックヨーグルトの完成です!

 
Jugurt4
▲ヨーグルトの中心のきれいな部分を別容器に

Jogurt5
▲有機牛乳を注ぎ、混ぜる

Jogurt7.jpg
▲きれいに固まりました!

 
長く放置しすぎると、表面にうっすらとカビが生えてきます。我流だとどうしても雑菌が入り込むようです。まっ白のカビなので食べても大丈夫だとはいうものの、市販されているケフィアヨーグルトやブルガリアヨーグルトのたね菌を使えば、より安心ですね。

 
今年の健康博でお会いした中垣技術士事務所のホームページには、お家で作るケフィアの情報が満載。もちろん、ケフィア菌を購入することもできますよ。

 

ELTA-ada社
エーゲ海に浮かぶトルコ最大の島で経営されているELTA-ada社のオーガニック酪農に関する記事についてはこちらから→★

 
タカナシ有機牛乳
http://www.takanashi-milk.co.jp/products/p_org/
*有機牛乳は楽天でも入手できます

 
中垣技術士事務所
ホームメード・ケフィア通販サイト
http://www.nakagaki.co.jp/netshop.htm

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]