ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

フード

今年のバレンタインはクレヨンハウスの「世界中のオーガニックチョコレート、すべてと出会いたい!」プロジェクトで

choco_0

いよいよ来週末に迫ったバレンタインデー。オーガニックチョコレートを贈りたいと考えているあなたに「世界中のオーガニックチョコレート、すべてと出会いたい!」プロジェクト進行中のクレヨンハウスをご紹介しましょう。

 
このプロジェクトは「日本で販売されているオーガニックやフェアトレードのチョコレートのすべてを揃えるつもりで集めているんですよ」とのこと。チョコレートで有名なベルギーを始め、スイス、フランス、オーストリア、オランダ、ドイツ、オーストラリア、さらには日本製など、現在、世界中から13ブランド、70種ほどのフレーバーのチョコレートが所狭しと並んでいます。

 
choco_1
▲一番種類が豊富なピープルツリーのチョコレートはスイスから、14もの種類があります。チョコレートをつくっている人たちのぬくもりが伝わるパッケージ・デザインです。

 
choco_2
▲中でも人気なのは、フリーズドライのラズベリーやチェリー、ジンジャーなどがチョコレートでコーティングされているラントガルテンのチョコレート。もちろん、中身のフルーツなどもオーガニックです。オーストリア製なんですが、コーティングには最高品質のベルギーチョコレートが使われていて、ベジタリアンの方も安心して食べることができるそうです。

 
choco_3
▲ハートマークに「Healthy(健康)・ Sustainable(持続可能)・Fair(公正)」の3つを理念とする社名lovingearthが奥ゆかしく添えられているこのチョコレートは、乳製品・砂糖は不使用のオーストラリア製ローフードチョコレート。アボリジニ伝来のスーパーフルーツ「グビンジ(プラムの一種)」を使った商品の収益は、収穫された農園の支援ために還元するというオーストラリアならではの取り組みも行っているとか、応援したいですね!

 
choco_4
▲最後に、来週2月11日にクレヨンハウス青山店で試食販売会をするという、新着のチョコレートをご紹介しましょう。スイスのチョコレート「ショコラ・ステラ」の4種です。伝統的な製法でじっくり練り上げられ、なめらかな味わいに仕上げられています。ぜひお店でお試しあれ!

 
クレヨンハウス http://www.crayonhouse.co.jp/
クレヨンハウス チョコレート 販売サイト

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]