ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

フード

売上が寄付につながる! ガーナの子どもたちと陸前高田の働く人たちへ「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」

ladybird1

いよいよ2月14日はバレンタインデー。感謝のチョコや愛が込められたチョコ、最近では自分にご褒美のチョコなど、いろいろな思いで、みなチョコレートを買っています。今年はさらに、もっと幸せになるチョコレートを購入してみるのはいかがでしょうか。

それは「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」です。ヨーロッパでは、春にてんとう虫がとまった人のところに幸せが訪れる、という言い伝えがあるそう。てんとう虫は幸せのシンボルとしても親しまれているとか。

「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」は、スイスのチョコレート製造の老舗マエストラーニ社が、IMO(スイスオーガニック認証機関)の認証を取得した原材料のみを使い、生産者の労働環境など配慮し作られた、100%オーガニックのフェアトレード・チョコレートです。
ladybird2
▲学校へ通えるようになったガーナの子どもたち

このチョコレートの売上の一部は、ガーナのカカオ生産地の子どもたちを児童労働から守り、教育を支援するための寄付になります。2014年までに約300人の子どもたちが、学校へ通えるようになりました。

ladybird3
▲陸前高田のあすなろホーム、作業中の様子

2013年からは、岩手県陸前高田市の就労支援施設「あすなろホーム」で袋詰めや発送作業が行われています。「あすなろホーム」の施設長西條一恵さんは「冬の間は仕事が減少するので助かります。ガーナの教育支援につながると聞きとても嬉しく思いました」と語っています。作業は、チョコやカードが可愛くて、やっていて楽しかったという声もあったそう。

ladybird4
▲ACE事務所でのてんとう虫チョコの“てんちゃん”を包む作業。女の子たちもボランティアで参加

保存料など添加物を一切使っていないので、夏前には販売が中止になってしまう「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」。世界中の、みんなのところへ幸せを運んでくれますように。

ladybird5

ladybird6
▲2個入り6パック セット:1,620円(税込) ★売上の20%が寄付に

ladybird7
▲4個入り 4パックセット:2,160円(税込) ★売上の30%が寄付に

※上記はオンラインショップでの注文単位・販売価格です。

認定NPO法人ACE(エース)
「しあわせを運ぶ てんとう虫チョコ」ACEオンラインショップ
http://acejapan.org/choco/ladybird-choco/

<オンラインショップ以外の販売店舗情報>※1パックからお買い求めいただけます 
【1/26~2/15】カフェスロー(東京都国分寺市)
【1/26~2/15】Daichi & keats(東京都千代田区)
【2/1~2/14】マルヤガーデンズ(鹿児島県鹿児島市)
【2/4~2/17】恵比寿三越(東京都渋谷区)

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]