ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

フード

被災地の農業復興を応援!熊本県合志市産食材で作ったコールドプレスジュース&ブロス新発売

熊本応援記事 第二弾として、“地方創生型” コールドプレスジュースとスープのご紹介です。

EJ (1)

東京の麹町と渋谷に店舗をもつ『EJ JUICE&SOUP』では、熊本県合志(こうし)市の農産物で作ったコールドプレスジュースとブロスを2016年5月9日から販売しています。本来であれば4月からの予定だったところ、地震の影響で延期に。安定した仕入れの見込みが立ったことで、今月発売となりました。1本につき10円が熊本地震支援金として寄付され、合志市を通じて農業の復興等に役立てられます。

 

熊本県合志市とのコラボ。今後の展開も楽しみ

このプロジェクトは、合志産農産物の美味しさや栄養価の高さを首都圏エリアで発信し、地方創生の一助とすることを目的としています。「一般社団法人クラッシーノこうし」の生産者直売所『クラッシーノマルシェ』から仕入れた合志産のニンジン、トマト、長ねぎ、ゆず胡椒を、人気のコールドプレスジュースとブロス(スープ)に仕上げ、付加価値を高めました。形の不揃いや傷のため、味や中身には問題がないのに市場に出回りにくい「規格外農産物」を使用し、生産者の所得向上と食品廃棄の削減にも貢献しています。

今後も農産物を積極的に活用するなど合志市との連携を深め、将来的には若手生産者の教育研修の場としての店舗活用や、新たな農産物加工品開発なども予定されているとか。

 

新テイストのジュース「ゆず胡椒×桃太郎ゴールドトマト・ニンジン」

「ゆず胡椒」は、いわゆる胡椒ではなく唐辛子と柚子を主原料とする調味料。九州・四国を中心に作られてきましたが、最近では、それ以外の地域にも広まり、親しまれている味ですよね。今が旬のトマトとニンジンのフルーツのような甘さと、柚子胡椒のピリッとした辛さが絶妙にマッチして、これまでの野菜ジュースにない刺激と濃厚な味わいに。桃太郎ゴールドトマトは鮮やかなオレンジ色で、美肌や健康に欠かせない抗酸化力の高いシス型リコピンが豊富に含まれます。

EJ (5)

KOSHI’d pressed juice / コーシドプレスジュース  ¥600(税込)

使用食材:にんじん、トマト(桃太郎ゴールド)、柚子胡椒(いずれも熊本県合志産)

 

無農薬・有機栽培青ねぎ×「ソラノイロ」特製チキンブロス

これも意外で絶妙な取り合わせ、ミシュランガイド東京ビブグルマン2年連続選出の人気ラーメン店「ソラノイロ」とのコラボ。両店とも東京の麹町に本店を構え、“素材の味にこだわり健康を意識した商品をつくる”という理念が共通するということで実現したのだそう。合志の青ねぎをじっくり煮込んだベジブロスの深い甘みと、「ソラノイロ」特製チキンブロスの旨みの合わせ技が、疲れた体に染み渡ります。

ブロスとは・・・肉や骨、野菜を長時間かけて煮込んだ出汁のこと。栄養素がしっかりと抽出されるのが特徴。ニューヨークを中心に、紙コップでテイクアウトして気軽に楽しむスタイルが流行中です。

EJ (2)

KOSHI GREEN ONION BROTH / コウシグリーンオニオンブロス ¥500(税込)

使用食材:青ねぎ※、にんじんパルプ※、マッシュルーム、エリンギ、チキンブロス(※が合志産)

 

合志市について
EJ (3)
熊本県北部に位置する合志市。豊かな水に恵まれ、市の北部には阿蘇山の火山灰が降り積んだ肥沃な土に覆われた広大な農地が広がっています。4月16日の地震では震度6強を観測。一時は市内避難所に約7,000人が避難しましたが、現在は復旧に向けた動きが活発化しています。

 

「クラッシーノこうし」について
EJ (4)
合志市の市民生活と産業の活性化に向けて設立された一般社団法人。あらゆる産業や企業と連携しながら、健康的で付加価値の高い地域の創造を目指します。合志市内にある生産者直売所「クラッシーノマルシェ」の運営やオリジナル商品の開発などを行っています。  

http://www.klassino-koshi.jp/

 

生産者紹介

EJ (7)
山本春喜さん・智衣さん / ニンジン
有機質の堆肥で土づくりした畑から、この時期に獲れるニンジンは、フレッシュで甘く、ジュースにぴったり。

EJ (6)
▲吉廣悦男さん / トマト(桃太郎ゴールド)
赤いトマトより体内に吸収されやすいとされる、黄色のリコピンを多く含む「桃太郎ゴールド」。温度変化に弱く育てるのが難しいそうですが、吉廣さんはさらに有機栽培で生産するこだわりぶり。

EJ (8)
▲​平山尚信さん / 青ねぎ
農業高校教師歴41年、御年77歳の大ベテラン。農薬は使わず土壌の消毒もしない、環境に優しい野菜作り。トウモロコシの芯や作物の茎などを原料としたバイオ肥料を使うことで、糖度の高い作物を作ることができるとのこと。

 

 

『EJ JUICE&SOUP』は、管理栄養士・野菜ソムリエ監修のもと、味と栄養価、旬にこだわったメニューを提供しています。有機や減農薬の農産物を生産者から直接仕入れたり、規格外農産品を活用したりする取組みには、農家の長男でもある代表岩崎氏のネットワークも活用されているのだそうです。

暑い日にはジュース、ちょっと肌寒い時にはブロス、と選べるのも嬉しいですね。条件を満たせば、お店から近隣へのデリバリーも無料。詳しくは下記HPでご確認ください。

 

 

株式会社イージェイ http://e–j.jp

 

『EJ JUICE & SOUP 麹町本店』
〒102-0083東京都千代田区麹町3-5-5サンデンビル1F(麹町駅徒歩1分・半蔵門駅徒歩4分)
TEL 03-6265-6788 営業時間 月9:00-20:00、火-金 8:00-20:00土 9:00-19:00  (日曜定休)

 

『EJ JUICE & SOUP 渋谷店』
〒150-0002渋谷区渋谷2-10-2Aphroditeビル(渋谷駅徒歩6分・表参道駅より徒歩7分)
TEL 03-6805-0931  営業時間 火〜金8:00〜19:00、土日月祝10:00〜19:00 (不定休)

 

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]