ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

OLE2016出展社 フード

ライフスタイルに取り入れたい極上の美味しさ。イタリア産有機ハチミツ「Mielizia(ミエリツィア)」

mi-acacia-bee-image

9月から、この11月18日(金)・19日(土)に東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催されるオーガニックライフスタイルEXPO【OLE】の出展企業の商品をご紹介しています。関心をお持ちの際は、ぜひ会場に足をお運びください。有機ハチミツをご紹介する日仏貿易のブース番号は【味】のカテゴリーの【032】です。

 

厳しいEU基準でつくられている有機ハチミツ

ご紹介するのは、「Mielizia(ミエリツィア)」というイタリア産の有機ハチミツ。有機農業が盛んなイタリアで、EUオーガニック規定認定を受けている有機ハチミツです。イタリア屈指の高級な蜂蜜のブランド名は、「MIELE(ハチミツ)」と「DELIZIA(極上のおいしさ)」という、2つの言葉を組み合わせ名付けられたものだそう。

*EUオーガニック規定認定一例:・蜜源は化学物質、汚染物質が全く検出されない、特定のエリアに育った自然の花々である。・蜂に合成物質、化学物質は一切使用しない。・蜜源から、養蜂家の作業場、瓶詰めする工場に至るまで、全ての段階において厳格なEUオーガニック規定が定めたルールを遵守してつくられたハチミツである。

vaso_acacia_250g_japvaso_acacia_400g_jap

オーガニックライフスタイルEXPO【OLE】で、初めてお披露目されるリニューアルラベル。
イタリア産(採蜜地:エモンテ州&ロンバルディア州)アカシアの有機ハチミツ [250g/400g] 
価格:250g/400g オープン価格 

 

ミエリツィアの特徴は、単花蜜、百花蜜、甘露蜜など豊富な品揃え。南北に細長いイタリアの採蜜地も明確に表記されています。

蜜蜂の巣箱の中の温度(38℃ぐらい)と同じくらいの温度40℃を越えないように注意して取り扱われ、瓶詰めされているので、高温処理されたものと違い、ハチミツが本来持っている風味や香り、質感(結晶)、栄養価が保たれています

index_image01index_image04

「働き者の蜜蜂が良い花蜜を集めることができるようサポートする」のが養蜂家の仕事。

 

ハチミツを生かすお勧めの食べ方

ハチミツは、健康にも美容にも優れたパワーフード。長く保存できて身近に置ける食品なので、ハチミツをもっと生活に摂り入れたいもの。ミエリツィアのマーケティングを担当されている日仏貿易株式会社の藤原啓代(ふじわら ひろよ)さんに、ハチミツのお勧めの食べ方などお話しを伺ってみました。

 

「イタリアでは、ハチミツにチーズがよく合わせられています。ハチミツそのままの風味を味わうことができる食べ方で、さわやかなオレンジの有機ハチミツにリコッタチーズ、クセがないアカシア(単花蜜)の有機ハチミツにプレーンヨーグルトなど。ビターな風味の栗(単花蜜)の有機ハチミツには、パルミジャーノ・レッジャーノチーズが相性が良いですね。

 

ユーカリの有機ハチミツはキャラメルのような甘味があるので、寝る前にホットミルクに入れて飲むのもいいと思います。黒糖のように香ばしいピエモンテの森(甘露蜜)の有機ハチミツを、くるみや生ハムをのせたパンにつけるのもお勧めです。」

 

また、結晶化しているハチミツを見かけます。ハチミツは、ブドウ糖と果糖に蜜蜂の消化酵素によって分解されているので、ブドウ糖が多いものは固まりやすく結晶化し、果糖が多いアカシアなどは固まりにくいそう。

 

「結晶化が特徴のハチミツは、オレンジ(単花蜜)、ユーカリ(単花蜜)、トスカーナの有機ハチミツ(百花蜜)です。結晶化しているハチミツには、口の中で溶ける味わい深さがあります。お砂糖の代わりにそのまま紅茶に入れたり、シンプルに味わってみてください。」

 

新商品のコリアンダーとクローバーの単花蜜のハチミツも結晶化しているのが特徴。コリアンダーのハチミツは、琥珀色でクリーミーな口あたり、コクのある甘さでデザートや飲み物に合わせて。花の蜜なので、特有の葉の香りはないそう。クローバーは花のほのかな香りと、乳白色でまろやかな口当たりが特徴で、デザートからチーズまで様々なお料理と相性が良いものだそう。

index_image03

 

それぞれの特徴に合わせたレシピも公開中

ミエリツィアのホームページには、各ハチミツの特徴に合わせたレシピが掲載されています。

簡単につくれる百花密の「トスカーナのハチミツのパスタ」は家族みんなに喜ばれそう。pasta

http://mielizia.jp/recipe/article/post_270.php

 

季節のフルーツをたくさん入れて、「マチェドニア」はオレンジの蜂蜜で。

%e3%83%9e%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%89%e3%83%8b%e3%82%a2

http://mielizia.jp/recipe/article/post_477.php

 

パーティで人気の小皿料理には、ユーカリのハチミツで「小エビのソテー」を。

shrimp-saute

http://mielizia.jp/recipe/article/post_272.php

他にも、各ハチミツに合わせた新しいレシピが随時アップされていくので、チェックしてみては?

 

italian_image02

ミエリツィアのハチミツには、自然の「味覚」の魅力がたくさん。さらに、健康や美容の効果も期待できます。イタリアに咲く花々を想いながら、いろんな食べ方やお料理を試してみたいですね。

 

Mielizia(ミエリツィア) http://mielizia.jp/index.html

 
無料で入場できるオーガニックライフスタイルEXPOの事前登録はこちらから。
 

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]