ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

インターナショナル

キーワードは「ビーガン」「リージョナル」「スーパーフード」~BioNordに見るドイツオーガニック市場のトレンド~vol.1

foto3a
BioNordとは
BioNordは、ドイツで2004年から開催されているオーガニック見本市BioMessenの1つで、今年は9月14日に北部の都市Hannoverで開催されました。BioMessenは他にも、東部、西部、南部の計4か所で開催されています。ドイツのオーガニック見本市といえば2月に開催されるBioFachが有名ですが、BioNordはより小規模で国内のバイヤー向けに特化されたものです。それでも、388社もの企業・団体が出展し、4000人以上の来場者が訪れました。企画運営には40年前から有機農業運動に携わってきた業界のパイオニア的企業が中心となっており、理念や運動色の強い「ハードコア」な出展者の多いことが特色だそうですが、新参者にも広く門戸を開き、会場は明るくモダンな雰囲気。業界大手のRapunzelやVoekelといった企業も参加しています。こちらの見本市で見られた、ドイツのオーガニック市場のトレンドについてレポートします。

会場を案内してくださったのは、オーガニック業界の情報サイトBioMarkt.infoの記者として活躍し、最新のオーガニック食品事情に精通しているKarin Heinzeさん。ご自身の取材の合間に、ドイツのオーガニック市場についてお話しくださいました。Karinさんによると、ドイツのオーガニック市場に見られる最近のトレンドは、「ビーガン」「リージョナル」「ロー&スーパーフード」という3つのキーワードで表すことができるそうです。

foto1a
▲会場を案内してくれたBioMarkt.infoのKarin Heinzeさん。

トレンドその①:ビーガン(Vegan)
ビーガン(Vegan)とは、菜食主義者のこと。ドイツでは今、ビーガンが急速に増えてきているのだそうです。一説によれば、ベルリンだけで85万人に達するのだとか。急増するビーガンの需要に応えるため、ビーガン向けの食品を揃えることがドイツのオーガニック小売りチェーンにとっては急務となっているようです。確かに、会場内には「Vegan」の文字をあちこちで見かけました。動物性の原料を含まない食品には高い確率で「Vegan」の表示やロゴマークがついています。

foto4a
▲ずらりと並んだVegan向け商品

Veggi Filata
Veggi Filataは、本物そっくりのビーガン向けハムやチーズを開発している会社で、2013年10月から販売を始めたばかりとのこと。今年2月に大手卸売業者のdennreeと商談がまとまり、現在、ドイツ国内で130店舗展開する系列店denn’sの店頭に並んでいるそうです。同社のこだわりは、大豆を使用せず、ポテトスターチとココナッツ脂肪を主原料としていること。オーガニック認証を受けるため、硫酸塩も使用せずにつくられています。温めると溶ける性質があるので、ピザ用のチーズとしても使えるとのこと。チーズを試食したところ、味はかなり本物っぽい。ただ、舌触りはやはりポテト。「もっと本物に近づけるよう、開発を続けていく」とのことでした。

foto5a foto6a
▲左から、Veggi Filataの商品・Veggi Filataのブースの男性

谷口 葉子

執筆者:谷口 葉子

宮城大学食産業学部助教。大阪府生まれ。メリーランド大学公共政策研究科修士課程修了(公共管理学修士)。神戸大学自然科学研究科博士後期課程修了(農学博士)。有機食品の流通や消費をテーマに研究を行っている。

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]