ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

インターナショナル

キーワードは「ビーガン」「リージョナル」「スーパーフード」~BioNordに見るドイツオーガニック市場のトレンド~vol.3

foto3a
BioNordとは
BioNordは、ドイツで2004年から開催されているオーガニック見本市BioMessenの1つで、今年は9月14日に北部の都市Hannoverで開催されました。BioMessenは他にも、東部、西部、南部の計4か所で開催されています。ドイツのオーガニック見本市といえば2月に開催されるBioFachが有名ですが、BioNordはより小規模で国内のバイヤー向けに特化されたものです。それでも、388社もの企業・団体が出展し、4000人以上の来場者が訪れました。企画運営には40年前から有機農業運動に携わってきた業界のパイオニア的企業が中心となっており、理念や運動色の強い「ハードコア」な出展者の多いことが特色だそうですが、新参者にも広く門戸を開き、会場は明るくモダンな雰囲気。業界大手のRapunzelやVoekelといった企業も参加しています。こちらの見本市で見られた、ドイツのオーガニック市場のトレンドについてレポートします。

トレンドその③:ロー&スーパーフード(Raw & Super Food)
3つ目のトレンドは「ロー&スーパーフード」。ローフードとは北米発のトレンドで、食物の酵素やビタミン、ミネラルを効率よく摂取するために極力加熱調理しないで食べるという食生活を指します。このローフードの実践者の間で注目を集めてきたのが、特定の栄養素を少量で摂取できる「スーパーフード」です。BioNordでもこのスーパーフードを原料に用いた製品が数多く出展されていました。

Wow!bab
Wow!babは、スーパーフードと言われるバオバブ、キヌア、チアなどを原料に用いたシリアルバーです。バオバブは高い栄養価と抗酸化作用を持つ食材で、写真にある楕円形の茶色い物体がバオバブの実です。なんと樹齢数百年を経てやっと収穫できるようになるそうです。乾燥させるのが難しくシリアルに向かない食材とされていましたが、こちらの企業は試行錯誤を経てシリアルバーとして開発。日本でも既に販売されているそうです。

foto11a
▲シリアルバーWow!babのブース

Terrasana
Terrasanaは、チアやバオバブ、アマランサスなどのスーパーフードをパウダー状やペースト状に加工した製品を販売しています。どうやって食べるのかと聞いたら、パウダーはスムージーに混ぜたり、ペースト状のものはパンに塗ったりして食べる、とのこと。なるほど、いろいろと手軽に食べる(摂取する?)方法はありそうです。

foto12a
▲スーパーフードのパウダー製品を展示するTerrasanaのブース

foto13a
▲スーパーフードのパウダー製品を展示する別会社のブース

谷口 葉子

執筆者:谷口 葉子

宮城大学食産業学部助教。大阪府生まれ。メリーランド大学公共政策研究科修士課程修了(公共管理学修士)。神戸大学自然科学研究科博士後期課程修了(農学博士)。有機食品の流通や消費をテーマに研究を行っている。

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]