ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

インタビュー

オーガニックインタビューVol.2 trattoria LA SCARPETTA 五十嵐義則さん 第3回

Global Organic Network Japan代表・中村実代がオーガニックな人に会ってお話を伺うオーガニックインタビュー。将来は、自分で作ったものだけでレストランをやりたい、と夢を語るtrattoria LA SCARPETTAオーナーシェフ五十嵐義則さんは、ついに自家栽培にも挑戦。こだわりの食材とおいしさの秘密にせまります。
scarpetta_yuki_taue02

行動するシェフ、無農薬で自家栽培に挑戦!

─ 泥まみれになって、田んぼで収穫しているシェフの写真がメニューの表紙になっていますね。

五十嵐義則さん(以下 五十嵐):展示会に足を運んだり、実際に圃場を見せてもらったりするうちに、これはやっぱり自分でもやってみたいと思ったんです。作り手の思いを伝えるためには、自らが作り手とならなければ、と。地元・葛飾区の有志と一緒に、千葉県流山市で有機農業に取り組んでいます。今の季節は、スナップエンドウ、夏から秋はトマト、さつまいも…。田植え、芋掘り、稲刈り、味噌作りなど葛飾区民が参加できるイベントも企画しているんですよ。

scarpetta_yuki_taue01
─ 実際に体験していかがでしたか?

五十嵐:流山は丸3年になるのですが、農業がどれほど大変か、身にしみました。機械を使わないので、田植えは30人で一日がかりだし、稲の天日干しにも美学があって、我々が組むのとは全く違います(笑)。今年からJWAVEのリスナーサークル「農業部」にも参加しています。こちらは、千葉県柏市の「オークビレッジ柏の葉」にある体験型農園「オークファーム」という都市型の施設なので、至れり尽くせりですね。
scarpetta_yuki_kashiwa
新しいスタイルの都市型農園「オークファーム
─ いずれお店のメニューにも?

五十嵐:そうですね。将来は全部自分で作った食材でメニューを提供できる店を作りたいです。作物を作る喜びは何物にも代え難いし、有機栽培で、固定種や在来種が増えてくると、もっと違った味が表現できるのではないか?と期待しています。と言っても、畜産までとなるとさすがに難しいし、国産のチーズを使いたいから、信頼できる生産者を開拓しているところです。それで先日は那須高原に行ってきたんですよ。
scarpetta_kodawari_cheese01

scarpetta_kodawari_cheese02
那須高原の国産チーズアラカルト。さっぱりと爽やかな風味です。
★那須天谷チーズ工房 http://www.sumishiro.com/
★那須高原今牧場 http://www.ima-farm.com/

─ すごいフットワークですね。

五十嵐:どんな人がどんな思いで作っているのか、を感じながら作りたいですから。良いものがある。良いものを欲しいと思っている人がいる。でも情報が少ない。
だったら自分で探す。時間をかけて現地にでかける。しつこく聞く(笑)。
普通のことを普通にやっているだけです。
手間と心をかければ、得るものは必ずあります。
たった一度の食事かもしれないけれど、ランチでパスタを食べて、仕事のイライラを少しでも忘れて、リラックスしてもらえれば、なによりうれしいですね。
scarpetta_igarashi02

scarpetta_igarashinakamura01
おいしいものを食べてほしい、おいしいものを作りたい、喜んだ顔を見たい。と話す五十嵐シェフ。
こだわりの自然派イタリアン
trattoria LA SCARPETTA(トラットリア ラ・スカルペッタ)

東京都千代田区九段南4-2-15 メディスクエアビル B1F
050-5890-1444 (予約専用番号)
03-3264-2022 (お問い合わせ専用番号)
JR市ヶ谷駅 徒歩6分/地下鉄市ヶ谷駅 A3出口 徒歩4分

Webサイト http://scarpetta.seesaa.net/
Facebook https://www.facebook.com/trattoriaSCARPETTA
ランチメニュー情報はWebサイトで更新されています!

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]