ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

インタビュー

オーガニックインタビューVol.5 新中野 餃子のあぶ屋 山下玄さん 第1回

Global Organic Network代表・中村実代がオーガニックな人に会ってお話を伺うオーガニックインタビュー。今回は新中野 餃子のあぶ屋 オーナー・山下玄さんにお話を伺いました。

 
Interview_abuya_11

赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、家族で安心して食べられるおいしい餃子を!

─野菜たっぷりでヘルシーな餃子が食べられる専門店と聞いて、とても興味を持ったのですが、餃子以外のメニューも充実していますね。表の看板にあった「まぜそば」というのはどういうものですか? 

山下玄さん(以下 山下): アゴ、北海道の根昆布、サバ節などで作った醤油のかえしとニンニクで香り付けした油で召し上がっていただく汁無しのラーメンです。今のところ、夜限定でお出ししているメニューなのですが、ラーメンと比べるとカロリーも低いし、うちでは、油もラードではなく、サラダオイルを使ってるので軽くてさっぱりしている、と好評です。

 
─そうなんですね。実は、正直なところ、餃子やラーメンなど中華料理全般にあまりオーガニックやナチュラルなイメージがないのです。山下さんは野菜ソムリエの資格もお持ちですが、なぜ「餃子」を選ばれたのでしょう?

山下:餃子は、僕にとってのソールフードなんです(笑)。子供の頃、家で作る焼き餃子が本当に大好きで、だから、自分で店を持つなら、大好きな餃子を、と思っていました。もともと和食の料理人からスタートしているので、和食の延長、日本の家庭料理としての餃子ですね。テイクアウトもできるし、いずれは通販も、と考えています。

 
Interview_abuya_12gyoza
▲シンプルで美味しい!一人前5個入で400円です。

─お肉の臭みもなくジューシー、野菜もたっぷりで、お塩でいただくのもさっぱりとしていいですね。

山下:豚肉は三元豚を使っています。野菜との比率は1:2くらいですね。赤ちゃんからご年配の方まで、安心して召し上がっていただけますよ。

 
─女性にも喜ばれるでしょう?

山下:そうですね。女性のお客様も多いです。初めてのお客様は餃子をご注文いただくことが多いですが、リピーターは野菜メニューを中心に召し上がっていかれますね。おなじみのお客様には、リクエストにお応えして、野菜だけのせいろ蒸しなどをお作りすることもあるんですよ。

 
─それはうれしいですね。私も早く常連になりたいです(笑)!次回は、お野菜の仕入などについてもぜひ聞かせてください。
 

 
新中野 餃子のあぶ屋 http://www.abooyah.biz/
住所 東京都中野区中央4-4-1
TEL 03-6382-6901
定休日 無休
ランチ 11:30~15:00
ディナー 17:00~23:30(ラストオーダー23:00)
アクセス 丸ノ内線新中野駅A4番出口下車1分(新中野駅から22m)

 

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]