ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

ライフスタイル

月に想う ② 今夜は、温かい灯りをともして月見酒。櫨蝋(ハゼロウ)でつくられた「和ろうそく」キャンドル

200421_310_yk_1440304209

出典 ちくご松山櫨復活委員会

 

今夜は仲秋の名月で、しかも週末。今夜は電気を消して、キャンドルを灯してお酒を飲んでみては。いつもより話が弾み友人や家族と、温かくて楽しい時間が過ごせそう。月が美しい夜には、同じように美しい炎の「和ろうそく」キャンドルがおすすめです。

 

a1750_000034

 

「和ろうそく」は、暖かい地域では、おもにハゼの木のハゼロウでつくられていました。石油系パラフィンの洋ロウソクに比べ、炎が大きいのが特徴です。

櫨本_P58_0021

出典 ちくご松山櫨復活委員会

左:ハゼロウの「和ろうそく」 右:石油系パラフィンの洋ロウソク

 

そしてもう一つ、「和ろうそく」は、垂れないという大きな特徴があります。年輪のように何層にも手がけされた「和ろうそく」は、時間が経っても垂れません。「和ろうそく」キャンドルの炎も、時間が経っても美しいままで最後まで灯せるもの。

 

櫨本_P59_0062

出典 ちくご松山櫨復活委員会

職人さんの上がけという技術で、年輪のような層ができています

 

ロウソクの炎は、1/f揺らぎといわれる、自然のリズムに合ったものです。リラックスできて、ヒーリング効果があります。さらに、「和ろうそく」キャンドルは天然成分で、嫌な臭いを消してくれて浄化作用もあるそう。

 

200421_310_yk_1440304080

出典 ちくご松山櫨復活委員会

真櫨きゃんどる:1,470円(税込)

 

ハゼの紅葉が美しくなる季節。和ロウソクの上がけ職人さんは、「松山ハゼ」というハゼでつくられたロウソクの炎が世界で一番美しい、といったそう。そのハゼロウからつくられた「和ろうそく」キャンドルの炎と、美しい月。美しいものに触れ満ち足りた気持ちになると、心が元気になります。

200421_310_yk_1440304827

出典 ちくご松山櫨復活委員会

 

ハゼロウは“Japan Wax”、ハゼの木は“Japan Wax Tree”と呼ばれ日本にしかないものだそう。日本の伝統的な行事に親しみ、伝統技術を応援していきたい。それは、キャンドルの灯りの中で少しだけ立ち止まり、平和なふるさとを懐かしく感じた夜に想ったことでした。

 

櫨本_P121_n

出典 ちくご松山櫨復活委員会

地域のレストランでも人気の「和ろうそく」のキャンドル

 

ちくご松山櫨復活委員会 http://www.mahaze.com/

 

 

 

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]