ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

ライフスタイル

オーガニックコットンの医療用ウィッグを 髪に悩む子ども達へ贈る『つな髪~ウィッグの贈り物で広がる輪~』

つな髪

髪の長さ 15cm からできる社会貢献活動

以前GONの記事でご紹介した、医療用ウィッグ『witton(ウィットン)』を扱う ㈱グローウィングが、新たな社会貢献活動『つな髪』を 6月23日よりスタートしました。

ヘアドネーション(髪の寄付)で集めた髪で医療用ウィッグを作り、小児がんなどの治療で髪に悩みを持つ子ども達に無償で提供するプロジェクトです。ウイッグのベースには、『witton』と同じくオーガニックコットンが使用され、肌にやさしい仕様となっています。オーガニックコットンはUSDA(米農務省)により認証されたもの。完成したウィッグは、今後 公益財団法人「がんの子供を守る会」を通じて、小児がんでウィッグを必要とするお子さんへ届けられます。

 

ヘアドネーション(髪の寄付)について

『つな髪』のヘアドネーションは、髪を15cm 以上寄付できる方であれば、性別も問わず誰でも参加できます。髪を寄付した方には、お名前と認定ナンバーが入った「つな髪認定証」が進呈されるそう。

日本でヘアドネーションを行っている NPO 法人 Japan Hair Donation & Charity では、髪の長さが 31cm以上と規定されています。しかし、『つな髪』には 15cm から髪を寄付することが出来るため、より多くの方がヘアドネーションに参加できます。

 

◆ 15cm以上31cm未満の髪は、帽子と組み合わせて使用するウィッグに生まれ変わります
http://www.onestep-wig.com/category/1348522.html

つな髪2つな髪3

 

◆ 31cm 以上の髪は、フルウィッグに使用されます
http://www.glowing.jp/category/1528137.html

つな髪4

 

医療用ウィッグのユーザーも、寄付する側として参加できます

「つな髪」の最大の特長が、病気や治療の過程で髪を失い、人毛の医療用ウィッグを使用している方も、“髪を寄付する側”としてこの活動に参加できる事です。グローウィングのフルウィッグは、購入時には髪型が全く作られていない状態で、前髪もサイドもバックもすべて同じ髪の長さの「ノーカットウィッグ」。これを、使用する方の好みのヘアスタイルにカットします。この時、前髪を作る髪型であれば15cm 以上いらない髪が出るため、それも寄付として受け取っています。医療用ウィッグを購入する側の方が、同じように病気や治療により髪に悩みを持つ方に提供・貢献できることは、今までのヘアドネーションにはなかった大きな特徴です。

 

『つな髪』プロジェクト もうひとつの目的

2人に1人がガンになるという、この時代。『つな髪』をきっかけとして、医療用ウィッグの重要性と、安心して使用できる品質のあり方への認知を広めることも、プロジェクトの目的なのだそうです。

 

『つな髪』プロジェクトと、ヘアドネーションの手順については、下記HPをご覧ください。

つな髪®公式ホームページ
http://www.organic-cotton-wig-assoc.jp/

 

 

株式会社グローウィング(店舗名:ワンステップ)

大阪府大阪市北区梅田 3-3-45  マルイト西梅田ビル 2F

http://www.glowing.jp/

つな髪5

つな髪6

 

GON関連記事

日本で初めてコットンをベースに使用した医療用ウィッグ  
オーガニックコットンを使用した医療用ウィッグ『Witton(ウィットン)』

『Witton(ウィットン)』が特別賞「ストーリー」を受賞
ソーシャルプロダクツ・アワード2016 大賞は「フプの森NALUQ コスメライン」に決定! 特別賞も5商品に

 

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]