ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

イベント ショップ

『布ナプキンフェスタ2014』オーガニックコットンのメイド・イン・アース

IMG_0523

布ナプキンを知り、使い方のコツ・メリットを学ぶ、ワークショップ&トークショーイベント『布ナプキンフェスタ2014』が自由が丘で開催されました。主催はオーガニックコットンブランド“メイド・イン・アース”を運営する株式会社チーム・オースリーです。

 

100%地球製=メイド・イン・アース

メイド・イン・アース”のブランドコンセプトは、コットンに限らず全て100%地球製!
元々同社は広告の企画・制作会社を運営していましたが、1993年、赤ちゃん市場研究関連の広告制作の仕事でオーガニックコットンの輸入会社の方との出会い、コットンについての認識を180度転換。いかに地球は大切か、地球の将来を考えたらオーガニックコットンしかないと開眼したことから、1995年にブランドを立ち上げたそうです。

IMG_0516
▲11時過ぎに到着した会場にはすでに若い女性がいっぱい。
子供連れの夫婦や若いカップルなど男性の姿も。

ワークショップでは布ナプキンを手作りしたり、相談コーナーでは熱心にスタッフの方と会話したり、ショップコーナーでは新商品を手にしたりと、布ナプキンに対する関心の高さが伺われました。

IMG_0522
▲自分で作る布ナプキンのワークショップコーナー

 
チーム・オースリーの取締役前田けいこさんのお話は、

・コットン生産の背景(問題点)とオーガニックコットンの違い
・使い捨てナプキンの問題点
・使い捨てナプキンの環境負荷
・オーガニックによるフェアトレードとの結びつき
・全国小中学校への使用プロジェクトの取り組み(約80校で実施)
・アドバイザー養成講座の開講(将来は仕事として活動のために)

など、充実の内容。メイド・イン・アースではコットンを

・一般のコットン
・オーガニックコットンが含まれたコットン
・純オーガニックコットン(材料全て100%オーガニックコットン使用で、工場環境・縫製材料も含めて)

の3つに分類して定義づけ、“純オーガニックコットン”にこだわり、商品開発をしているのだそう。
4月〜5月に種まき、夏に花が咲き、秋に実が枯れたあと、割れてコットンが出来る栽培過程も紹介されていました。

IMG_0532
▲コットンの実

IMG_0531
▲コットンには茶・生成り・緑と、3種のカラーがあります。
メイド・イン・アースではあえてそのままの色を生かした商品もあります。

 

お客様の声から生まれた布ナプキン

IMG_0524

布ナプキンの開発は1997年、「布ナプキンはありませんか?」という1本の電話問い合わせから始まったそうです。肌のトラブルに悩み布ナプキンを使用。手作りしているが苦労しており、市販の物を探しての問い合わせだったようです。

この電話で布ナプキンの存在とその必要性を知った数ヶ月後、環境系の展示会でオーストラリア製の布ナプキンを見つけ、“内心ドキドキしました!”と前田さん。

メイド・イン・アースでは1999年に発売を開始。当初の扱い店は自然食品店から始まりました。オーガニックコットンはインド・アメリカ・ペルー・タンザニア・ウガンダ原産のものを使用し、発売開始以来、昼用レギュラーで4回改良を重ねたそうです。

5月中旬に発売された新商品はファトレードのリーディングカンパニー“ピープル・ツリー”とのコラボ。
要望の多かった「可愛い」布ナプキンです(価格4,104円)。

IMG_0526
▲布ナプキン(サイズMとL)・パットのセット

布ナプキンを使った女性からは生理痛の軽減、生理時の肌トラブルの解消、生理期間の短縮、カンジダ菌などの感染症の改善などの声が寄せられているそうです。とはいえ初めて使うには不安や心配もありますよね。

まずは経血の漏れ。それは商品開発の試行錯誤の結果ナプキンの中には吸収力の優れたパイル地を2枚挟み込むことや本体ホルダーのポケットの活用で解決できます。

また経血の臭いも、使い捨てナプキンのような化学物質反応でおこる臭いはありません。使用済みの物はポリ袋に入れれば、ポーチなどに収めて持ち歩いても気にならない、とのこと。

そして気がかりなのは洗濯。
せっけんやアルカリ性洗剤を溶かした水やぬるま湯につけ置き、その後、通常の洗濯機で洗濯するのがお勧めなのだそう。
メイド・イン・アースでは炭酸ナトリウムの洗剤を販売。つけ置き専用の蓋付きホーロー容器もあります。

IMG_0525
▲布ナプキン・洗剤・つけ置き用容器のセット

 

まずは生理の軽い日やお出かけする予定のない日から初めてみませんか?

 

株式会社チーム・オースリー
メイド・イン・アース http://www.made-in-earth.co.jp

店舗
自由が丘店(ホーム・ルーム自由が丘店
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢 7-3-10
※自由が丘駅より徒歩3分

IMG_0535
▲お店の正面の壁にあるロゴ・・・可愛いですね!

コピス吉祥寺店
〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5
コピス吉祥寺 A館3F
※吉祥寺駅北口より徒歩2分

IMG_0534

その他にも全国で展開しています。詳しくはホームページをご覧ください。

 
オンラインSHOP
メイド・イン・アースオンラインショップ http://madeinearth-store.jp/
楽天ショップ http://rakuten.ne.jp/gold/earth/   

 
イベント“くらしの天然市場”
毎月第一土曜日に自由が丘店にて開催しています。
布ナプキンのワークショップもあるオーガニックマルシェをはじめとして野菜、パンなどの販売もあります。

 

 

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]