ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

インターナショナル

ドイツの家庭の台所を覗いてみた vol.2

夕食はドイツで一般的なカルテスエッセン(冷たい料理―加熱しないメニューの、たとえば、オープンサンドにサラダ、温かい料理としてはスープぐらいの内容)。
茶色いドイツパンの薄切り2-3枚にバターやマーガリンを薄めに塗って、ハムやチーズ、スモークサーモンや缶詰の魚をのせて食べる。
到着日の夕食もカルテルエッセンだった(写真はカルテスエッセンの例)。

 

imgKitchenofGermany06

 

野菜は葉物サラダかプチトマトやラディッシュを添えたり、手間をかけてポテトサラダぐらい。

 

imgKitchenofGermany07imgKitchenofGermany08

 

 

果物はぶどう、りんご、キーウィを盛った皿がテーブルに置かれていたが、ぶどうを数粒つまむぐらいが日常のようだ。

私たちが滞在したときは、到着前に見事なアップルケーキを焼いてくれていて、2日間は夕食の最後にこれをいただいた。

 

 

imgKitchenofGermany09

 

 

アップルケーキを食べ終わってからは、木苺のタルトも供された。こちらはホームメイドではなく、ケーキ屋さんから買ってきたという。

 

imgKitchenofGermany10

…vol3に続く

《関連キーワード》

/

1 2

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]