ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

ショップ

4月27日(金)《大泉工場 NISHIAZABU》オープン 1 周年記念、腸活KOMBUCHA飲み比べメニューを期間限定で発売

株式会社大泉工場(埼玉県川口市、代表取締役社長:大泉寛太郎)が運営する、お茶を発酵させたKOMBUCHAをメインメニューとした店舗《大泉工場NISHIAZABU》では、オープン1周年記念として、3種類のKOMBUCHAと1種類の甘酒がセットになった「KOMBUCHA Flight(コンブチャ フライト)」をはじめ、希少な茶葉を使用した「White Tea KOMBUCHA(ホワイトティー コンブチャ)」を今週金曜日4月27日(金)から5月6日(日)までの期間限定で販売します。
 

 
最近よく耳にするKOMBUCHA とは、昆布茶ではなく、紅茶キノコのこと。モンゴルやロシアなどで伝統的に飲まれるようになり、お茶に砂糖と酵母菌などを加えて培養します。大泉工場のKOMBUCHAは、京都の宇治市で、長年、有機栽培にこだわり続けた永田茶園などの茶葉を使用しているそうです。
 

腸活を飽きずに体感するメニューを提案

そのKOMBUCHAを、健康を意識しながら飽きずに愛飲でき、腸活にも繋がる飲み比べメニューを期間限定で販売。3 種類の KOMBUCHA【オリジナル、日替わり限定フレーバー(ハイビスカス・レモングラス、新作のベリーズなど)、ホワイトティー】と甘酒1種類がセットされています。

希少なオーガニックの茶葉を使用した「White Tea KOMBUCHA」

古来中国では、不老長寿の薬として愛飲された白茶(ハクチャ)をベースにしたKOMBUCHAが珍重されたそう。すっきりとしたフルーティーな風味とマスカットのような上品な味わいが特徴の「White Tea KOMBUCHA」も販売されます。
 
 

<周年で販売する商品情報>

1) 商品名:KOMBUCHA Flight(コンブチャ フライト)
価格:1,296 円(税込)/ 内容量:100ml×4(400ml) お茶を発酵させたKOMBUCHA3種類と甘酒1種類をセットで販売。
① KOMBUCHA Original
② 日替わり限定フレーバー(ハイビスカス・レモングラス、ベリーズ、ゆずなど)
③ White Tea KOMBUCHA
④ Amazake Original

2)商品名:KOMBUCHA Original(コンブチャ オリジナル)
2018年4月27日(金)~5月6日(日)の期間限定で、オリジナルのKOMBUCHAを通常の販売価格648円(税込)を432円(税込)で販売。内容量は 250ml。

3)商品名:White Tea KOMBUCHA(ホワイトティー コンブチャ)
価格:756 円(税込)/ 内容量:250ml

4)オーガニック野菜
袋詰めにした有機野菜を先着100名様にプレゼント!

※有機野菜のイメージ

 

周年企画、第1弾「Sprout! NISHIAZABU」が始動

Sprout(スプラウト)とは、「芽を出す」「生え始める」等の意味があります。《大泉工場NISHIAZABU》では、「ひらめきが生まれる場所」として、アーティストたちが創り上げるWall Artをリレー形式で展開して、お客様に「創造性」を提供できる空間「Sprout! NISHIAZABU(スプラウト ニシアザブ)」もスタートします。

※平面シリーズ作品のイメージ図

第1弾は、4月27日(金)~5月31日(木)まで、一般社団法人アプリュス代表の柳原 絵夢さんの平面シリーズ作品が展示されます。
 
<柳原 絵夢さんプロフィール>
掌サイズの作品から、街全体を取り巻き建築としての機能を生かした「場」も作品として創っています。アートを通じたコミュニケーションを行っていく中でアーティストが社会に適応還元できるインキュベーションづくりもその一環。

■ 2017 年 ピノキオプロジェクト 2017(千葉/柏)
招待作家として、制作した 3mの子供用傘で、子供たちと一緒に絵を描く。
■ 2017 年「Forest of Self Responsibility」展(東京/南千住)
紙コップを 5,000 個ギャラリー内で積み上げたインスタレーションを実施。
■ 2017 年 ART ROUND EAST 展 3331 Arts Chiyoda104(東京/秋葉原)
JR 常磐線及びつくばエクスプレス沿線を中心としてアート関連活動を展開。
 
 

大泉工場
企業情報
大泉工場 NISHIAZABU

《関連キーワード》

/ /

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]