ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

ショップ

【京都発】ヴィーガンに対応したファストフードやスイーツが食べられるカフェ「プレマルシェ・ピッツェリア&オルタナティブ・ジャンク(TM)」がプレオープン!

京都のファッションエリア北山に、ヴィーガンやベジタリアン、ギルトフリーのスイーツをコンセプトにしたカフェが3月からプレオープンしています。提供されているのは、ヘルシーなジャンクフードがメイン。本格的なオープンはディナーメニューが完成してからですが、GWに訪れた京都で和食以外のものが食べたくなったら立ち寄ってみては?

 

ヴィーガン対応のオルタナティブ・フードが充実

カフェの外観

プレマルシェ・ピッツェリア&オルタナティブ・ジャンク(TM)は、昨年オープンした京都市中京区にあるイタリアン・ジェラート店「プレマルシェ・ジェラテリア」の系列店。ここでも、合成乳化剤を排除した20種類を超えるヴィーガン・ノンミルクジェラートを食べることができます。

 

2月にイタリアで開催されたイタリアジェラート協会(SIGA)が主催する国際ジェラートコンテストで、ミルクを一切使わないフレーバーが2部門で入賞を果たしたという美味しさ。ヴィーガン対応ジェラートは、外国人や食物アレルギーを持つ人たちから人気が高いものです。

イタリアン・ジェラート
VEGAN/VEGETARIAN/NON-VEGETARIAN 共通
1フレーバー 540円(税込)、2フレーバー 648円(税込)

そこで、バーガーなどのファストフードやピッツァなどでも、化学調味料や酵母エキスなどの人口うまみ調味料、精白糖、合成添加物、トランス脂肪酸などを排除し、動物性素材を一切使わないヴィーガン対応のカフェをオープンすることに。

カジュアルなカフェの店内

ピッツァでは、ヴィーガンはヴィーガンチーズ使用、ベジタリアン/ノンベジタリアンはモッツァレラチーズが使用されています。

半数以上がヴィーガンメニューなので、フードバリア(R)を超えて、どんな友人とも一緒に行けるのが嬉しいところ。可能な限り、オーガニックやフェアトレードの食材が使われています。また、京都らしい和の魅力を感じる素材が使われ、手軽なジャンクさが、清浄で機能的な和の技法によって世界の味と統合された味わいあるメニューも。

オルタナティブ・バーガー
VEGAN:842円(税込)、VEGETARIAN:842円(税込)、NON-VEGETARIAN:950円(税込)

通常のランチもありますが、ヴィーガン/ベジタリアン素材と動物性素材は別に調理されているので安心。オルタナティブ・ランチセットやオーガニックドリンクなどなど…。美味しくてヘルシーなスイーツもあって、純粋に食べる楽しさが味わえるカフェです。

■場所
〒603-8054 京都市北区上賀茂桜井町77 ノースウェーブ北山1F
プレマルシェ・ピッツェリア&オルタナティブ・ジャンク(TM)
TEL:075-748-1581
https://pizzeria.organic/

企業情報

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]