平成29年4月6日(木)に特定非営利活動法人 日本オーガニック農産物協会の総会が日本交通協会(東京・有楽町)で開催されるが、非会員も参加できる講演会も開催される。

ロンドンオリンピックならびにリオデジャネイロオリンピックにおいては、オーガニック認定食材を頂点にして選手村等に供給されて来た。2020年の東京オリンピックにおいては、GAP認定食材を頂点にする動きが強まっており、世界の食の流れに逆らう動きが強まっている。

選手村に供給されるか否かは、今後の食の展開に重要な意味を持つといわれ、東京五輪・パラリンピックの選手村などで使われる食材は、オーガニック(有機JAS)、GAPの認定取得が要件となることから、『危機に立つオーガニック食材、パラリンピック、オリンピックではメイン食材にならず・・・』をテーマに同会会員であり自民党の小泉進次郎氏とも太いチャンネルを持つ、千葉県有機農業生産者、下山 久氏が講演する。

第17回通常総会及び講演会のご案内

開 催 日 : 平成29年4月6日(木)

開催時間 :
総   会  13:30 ~ 14:10
講 演 会  14:20 ~ 16:00
新春懇親会  16:15 ~ 18:00

会  費 :
会員/準会員 1名様ご参加費   ・・・・・・・¥4,000
非会員・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥10,000

開催場所 : 一般社団法人日本交通協会 新国際ビル9階
東京都千代田区丸の内三丁目4番1号

講演会:
①『危機に立つオーガニック食材、パラリンピック、オリンピックではメイン食材にならず・・・』(仮称)
農事組合法人さんぶ野菜ネットワーク  下山 久信氏

②『何故オーガニック関係者は声をあげないのか・・・』(仮称)(講師調整中)

③『BIOFACH2017 を見て、今後の流れ』(講師調整中)

参加連絡はこちらのFax用紙で可能です。

連絡先:
特定非営利活動法人 日本オーガニック農産物協会
〠101-0048 東京都千代田区神田司町2-7福禄ビル3F
☎03(3295)5448 Fax03(3295)5449