ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

ビューティ

オーガニックコットンを使用した医療用ウィッグ『Witton(ウィットン)』

株式会社グローウィング(店舗名:ONE STEP 本社:兵庫県西宮市) は、ベース生地にオーガニックコットンを使用したウィッグを昨年9月に発売しました。
今月で1周年を迎え、購入台数670台。抗がん剤治療中の方、アトピー、敏感肌の方に喜ばれ、1番の人気商品だそうです。

 

witton1

 

一般的に、ウィッグのベースにはナイロンなどの化学繊維が用いられます。でも、化学繊維を使用したウィッグは肌への刺激が強いため、基本的にアトピーや白血病の患者さんには使えないようです。それ以外の方でも、頭皮に触れるとチクチクして困ることがあるのだとか。

化学繊維に代えてコットンをベースに使用するウィッグは 『Witton』が日本初。追随する他社は、まだ無いとのこと。

実は「医療用ウィッグ」に定義はなく、ファッション用ウィッグとの明確な線引きがありません。「医療用ウィッグ」という言葉自体、世に広がりはじめたのは3年ほど前。グローウィングは、設立当時の7年前から医療用ウィッグ専門店として活動してきました。

 

sub8

「ONE STEP」 は、女性のための医療用ウィッグ専門店で、ウィッグの販売だけでなく、カットやアフターメンテナンスも専門のスタイリストが行います。カットは、ノーカットの状態から好みのスタイルに仕上げてもらえます。完全予約制で、プライバシーにも配慮がなされています。

 

◆ ベース生地へのこだわり

医療用ウィッグのほとんどはフルウィッグなので、被りやすいよう伸縮性と耐久性のある生地が必要になります。そのため、これまでのウィッグには化学繊維が使われていました。

コットンは繊細で植毛が難しく、編み方や生地の厚さ、通気性などにも問題があったのです。
そこでグローウィングは、強度と伸縮性を合わせ持つ糸と、通気性に優れた生地の編み方を開発し、コットンを使用したウィッグの発売に至りました。

 

『Witton』には、米国の農務省USDAから認証を受けたオーガニックコットンが使用されています。USDA Organic 認証 は、審査がとても厳しく、検査官による現地視察や証明資料の提出などが毎年行われます。

sub9

グローウィングは、このオーガニックコットンを使って、糸作り・生地の加工など全てを日本国内で行います。生地を作る織り機は、国内に数台しかない特殊なものだそう。

染色にもこだわり、化学薬品を使わず 重金属を含まない染料を使用します。

 

ベースに化学繊維を用いたウィッグを装着する際、地肌を保護するためには、インナーキャップなどを下に被ります。また、ウイッグではなく帽子や「髪の毛付き帽子」を使っている方も多く、厚手のものだと夏場は蒸れて不快になったり、お肌のトラブルを招くことも。

『Witton』 は肌触りが優しく、頭皮に直接付けることができるので、お洒落しながら快適に過ごせます。『Witton』を使って肌がカブレたという声は、これまで届いていないそうです。

main

 

また『Witton』は、見た目の自然さにもこだわって作られています。髪は、人毛の中でも最高級のものを100%使用し、トップの分け目も近くで見なければ分からない作りになっています。カラーもパーマもでき、ヘアアイロンも使えるのは、100%人毛ならでは。

sub5

 

「他社のものは頭皮がヒリヒリしてあまり使用しなかったが、『Witton』は毎日使用している」「見られていることへの不安やストレスがなくなった」「職場の方に、とても自然でわからなかった、と驚かれた」などの感想が寄せられ、中には涙されるお客さんもいるそうで…
『Witton』 は、患者さんの心にも、そしてお肌にも優しいウィッグとして必要とされる存在なのですね。

 

「ONE STEP」では、ほかにもイージーウィッグや部分ウィッグ、地肌を保護・保温するキャップ、手持ちの帽子と組み合わせられる「髪の毛付きキャップ」など、オーガニックコットンを使った製品を扱っています。詳しくは、文末に記載しました「ONE STEP」サイトをご参照ください。

 

=Witton(ウィットン)商品概要=

セミオーダー品 (サイズ・髪の長さ・カラーを選択)
価 格:ショート(20cm) 159,000円 / セミロング(30cm) 169,000円 / ロング(40cm) 184,000円
サイズ: SS / S / M / L

 

 ㈱グローウィング/ONE STEP    http://www.glowing.jp/

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]