ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

ショップ

Bio (ビオ) でヘルシーライフ!Bio Bar (ビオバル)とBio Morning (ビオモーニング) を提案するビオセボン赤坂店オープン

ビオセボンは、フランス発のオーガニックスーパーマーケット。ヨーロッパで140店舗以上を展開し、日本では1016年12月に1号店を麻布十番に開店し、11月9日(金)に、7号店目となる赤坂店をオープンしました。
 


 

ビオセボンでは2016年の開店以来、Bio (ビオ=有機) のあるくらしをより身近に感じてもらえるよう、店内で調理したデリ、お弁当やスイーツなどを取り揃え、テイクアウトはもちろんのこと、その場で気軽に食することができるイートインスペースが用意されています。


 

オフィス街立地である赤坂店では、開店に合わせて、出勤前にはBio Morning(ビオモーニング)として、また仕事帰りには気軽に立ち寄れるBio Bar(ビオバル)としての利用を提案しました。もちろん、昼食用のお弁当もこんなに!

 

<Bio Bar(ビオバル)>
会社帰りに立ち寄り、気軽にワインやデリを味わえます。テイクアウトでも店内のイートインスペースでも、その日の気分に合わせて楽しめるそう。

<Bio Morning(ビオモーニング)>
ビオ食材でヘルシーなビオモーニングが楽しめます。オイルやシュガーフリーのドライフルーツやナッツで手軽にパワーチャージ!

ビオのバナナやコーヒーなども用意されていて、バルクコーナーでは自分が食べたい商品を20gの少量から食べたい分だけ量って購入することができます。

 

開店当日には、これからシーズンとなるチョコレートの試食販売が行われていました。
 

紹介されていたパナチョコレートは、砂糖は使わず、糖質の吸収を穏やかにする低GI値のアガべシロップを使用。そのうえ、乳製品や動物性原料は一切使用しておらず、100%ヴィーガンだそう。甘さ控えめでカカオの落ち着いた濃厚なおいしさが実感できるチョコレートです。

パッケージには植物性のインクと植物性の接着シールを使うなど、環境にも配慮したオーストラリアの製品です。

 

また、今回のBio Bar/Bio Morning 提案に関連するおススメとして紹介してもらったのが、グルテンフリーのオランダ製オーガニックCocoグルト。プレーン、バニラ、マンゴーの3種で、先行店でもすでに販売されていて、注目の人気商品だとか。


ココナツミルクに植物乳酸菌を使ってヨーグルトのように作られていて、大ぶりの容器(125 g)で腹もちがよく、朝食にも帰宅後のデザートにもよさそうです。

 

<店舗概要>
【7号店】
名称:「Bio c’ Bon赤坂店」
所在地:東京都港区赤坂4-3-6 A-FLAG赤坂1階
通常営業時間:平日8:00~22:00 土日祝10:00~21:00

 

すでに首都圏では下記のお店が展開。ビオを楽しめるチャンスが増えています。

【1号店】Bio c’ Bon 麻布十番店:東京都港区麻布十番2-9-2
【2号店】Bio c’ Bon 中目黒店:東京都目黒区上目黒1-26-2中目黒アトラスタワー内
【3号店】Bio c’ Bon 外苑西通り店:東京都渋谷区神宮前3-42-2
【4号店】Bio c’ Bon 新百合ヶ丘店:神奈川県川崎市麻生区上麻生1-19イオン新百合ヶ丘店2階
【5号店】Bio c’ Bon 碑文谷店:東京都目黒区碑文谷5-6-1 イオンスタイル碑文谷 別館1階
【6号店】Bio c’ Bon 東武池袋店:東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 プラザ館地下2階

 

Bio c’ Bon(ビオセボン) https://www.bio-c-bon.jp/

企業情報

 

 

《関連キーワード》

/

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]