ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

イベント

見て、学んで、お買い物ができる《第2回オーガニックライフスタイルEXPO》、いよいよ事前来場登録開始!

本年7月29日(土)30日(日)に東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される第2回オーガニックライフスタイルEXPOの記者発表が5月24日(水)、千代田区・お茶の水で開催され、昨年以上の規模と内容で展開することが発表されました。

昨年は地上で実施されたオーガニックマルシェが、今年は開催が7月末で酷暑の恐れもあり、ホール内で展開することになりました(新規就農者応援ゾーン)。昨年、地上まで足を伸ばせなかった人も、今年はホール内でゆっくり新鮮なお野菜も購入することができることになります。

昨年、その華やかさぶりで来場者を驚かせた《エシカルコスメゾーン》でしたが、20を越えるブランドが結集する今年もエシカルコスメを目指す来場者の期待に応えられることでしょう。ゾーン以外のオーガニックやナチュラルのこだわりスキンケアブランドも見逃せません。オーガニックコットンや天然繊維製品の出展者は10社を越え、タオルや衣類から手芸用品、バックなど商品バラエティも増えそうです。



昨年も好評だったアニマルウエルフェアと「種」がふたたび

平飼いや放牧など、家畜の行動を制限せず、ストレスのない中で、薬剤を多用せずに飼育する畜産法アニマルウエルフェア(動物福祉)が昨年のOLEで紹介されたところ、消費者の高い関心を呼びました。


昨年のらでぃっしゅぼーやAWFC(アニマル・ウェルフェア・フード・コミュニティ)に、今年は東都生活協同組合も加わり、さらに北海道オーガニックビーフ振興協議会の情報ブースも設営されます。

同じく、昨年はSEED OF LIFE/種の交換会も大賑わい。これを受けて今年は、一般家庭でも在来種や固定種の種を使い、気軽に有機農業に挑戦してもらうことを目指して「Kitchengarden/家庭菜園」ゾーンが設置されます。だれが作ったか知ることができる、「顔の見える野菜」ならぬ「顔の見える農業資材(土や肥料)」も出展されるとか。


会場では、オーガニックフードとビアスタンドも設置されるそう。今年も、オーガニック食品は勿論、コスメ、ファッション、様々な生活雑貨、今年初めて紹介される「無添加住宅」、「顔の見える」電力、人と自然に優しいお葬式の提案まで、まさにトータルなオーガニックライフスタイルを体験できます。

 

OLEと同時開催される『第2回 キッズアワード 〜ぼくのわたしの食べ物の絵コンテスト〜』では、6月末日まで、子供たちの絵を募集中です。

お絵描きがお好きなお子様に、環境や食べ物について「もし、こうだったら楽しいだろうな、素敵だな」というイメージを描いてもらって応募すれば、すべての絵が会場に展示されますので、OLEをさらに楽しめますよ。


【画像はいずれも昨年の会場風景です】

入場料の1000円が無料になるインターネットによる事前入場登録も開始されました。登録には、ビジネス関係者と一般来場者の2つのフォームが用意されています:

◎ 一般来場者はこちらから:https://ofj.or.jp/app02.html
◎ ビジネスの方はこちらから:https://ofj.or.jp/app01.html

オーガニックライフスタイルEXPO公式サイト:https://ofj.or.jp/

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]