2019年5月20日 第4回オーガニックライフスタイルEXPO出展者説明会開催、リリースも発表

オリンピック・パラリンピック開催の影響で関係で、有楽町の国際フォーラムが使えず、会場を新宿NSビルに移して、2019年8月2日(金)・3日(土)に開催される第4回オーガニックライフスタイルEXPOの出展者説明会が、5月20日(月)に同ビル3階で催行されました。
 
主催者 一般社団法人オーガニックフォーラムジャパン会長徳江倫明氏は、「おかげさまで、今年の会場に合わせ想定していた小間数の150小間は、すでにほぼ満杯で、1、2の小ブースを残しキャンセル待ちの状態です。今回は、会場が小さい分、わかりやすく、見やすい配置を工夫しています」と挨拶。


 

「日本の有機市場は、2009年の推計金額(1,300億円)よりも42%拡大していることが判明したと農水省がこの3月に発表したとおり、日本のオーガニックマーケットも欧米並みの成長段階になっています。この市場の盛り上がりを着実にサポートすべく、来年の会場探しも行い、9月の催行でほぼ決まりつつあるので、今後も一緒に盛り上げていきましょう」と呼びかけました。
 
下記は、会場で発表されましたニュースリリースです:

                           2019年5月吉日

「第4回オーガニックライフスタイルEXPO」
8月2日(金)・3日(土)に新宿で開催

一般社団法人オーガニックフォーラムジャパンが主催する『第4回オーガニックライフスタイル EXPO』は、メインテーマを、世界の有機農業をリードするIFOAM(国際有機農業運動連盟)が提唱する《オーガニック3.0》の推進、サブテーマとして、国連が提唱し、日本での取り組みも盛んになってきた《持続可能な開発目標SDGs》の実現をめざして、2019年8月2日(金)3日(土)に、東京・新宿の新宿NSビル・イベントホールにて開催いたします。
 
本年は8月2日金曜日の平日と3日土曜日の2日間開催とし、ビジネス・パブリックからの両視点から構成されます。オーガニックの裾野を広げ、生活に根付かせるために開催する『第4回オーガニックライフスタイル EXPO』は、ビジネスに一般消費者を巻き込むBtoBtoCの展示会として理想的な日取りとなりました。
 
今年も、より広範な《オーガニックライフスタイル》を提案し、持続可能性や地球環境の保全など、今後に繋がる多様なテーマや目標にフォーカスして、《オーガニックライフスタイル》の提唱が目指すものとその意義を基本に構築いたします。
 
会場には、有機農業に取り組む生産者自慢の生鮮野菜からこだわりの加工食品、輸入食材、オーガニック&ナチュラルコスメ、環境に優しい生活雑貨、ガーデニング、さらには島根県をはじめとする自治体の取り組みなど、オーガニックブランドが一堂に会します。展示規模は、147社約150小間(5月20日現在)で展開いたします。
 
今回の企画ゾーンとしては、有機農業に挑む就農者を応援する《新規就農者応援ゾーン》、生命の原点「種」を中心に有機農業を身近に感じ、取り組んでもらうための《Kitchengarden/家庭菜園ゾーン》、動物福祉畜産を実践する生産者が集う《アニマルウェルフェアゾーン》、国内外の魅力的なオーガニック&ナチュラルコスメブランドが一堂に結集して、国内最大の充実度を誇るナチュラルコスメプロデューサー小松和子さん監修の《リアルオーガニックナチュラルコスメゾーン》、世界中から集まった厳選されたエシカルブランドが一望できる《エシカルファッション雑貨コーナー》が展開されています。
 
注目のセミナーとしては、初日2日(金)にNSビルの30階のスカイカンファレンスルームで開催される《SDGsシンポジウム》で、国連食糧農業機関(FAO)駐日事務所所長のチャールズ・ボリゴ氏による世界の食糧問題とSDGsの役割に関する基調講演1とし、基調講演2ではイケア・ジャパン株式会社によるSDGsに対する企業の役割をテーマにご講演いただきます。パネルセッションでは一般社団法人環境パートナーシップ副代表理事星野智子氏をファシリテーターとして、国連食糧農業機関、環境省、IFOAM Organics ASIA、イケア・ジャパン株式会社にご登壇いただき催行されます。
 
また、アジアをはじめ世界のオーガニック市場の最新情報を知るセミナーとして、国際機関日本アセアンセンター上岡美智子氏とIFOAM OrganicsASIA 理事の三好智子氏にご登壇いただきます。更に、本年2月に始まった外食産業には必見のオーガニックレストランJAS認証の取得セミナー」や「オーガニック化粧品の買いやすい売り場づくり‼-リアルオーガニック・ナチュラルコスメマークを掲げた東急ハンズの新しい取り組み」としてナチュラルコスメプロデューサーの小松和子氏と東急ハンズバイヤー山岡美穂子氏によるこれからの売り場づくりは必見です。
 
3日(土)では2020年の発送電分離による電力自由化を控え、「電力の直産『顔の見える電力』が実現する」ことに関するセミナー、第3回目を迎える動物福祉畜産にスポットをあてたアニマルウエルフェアサミットも開催されます。

ここでご紹介しましたテーマゾーンやセミナープログラムの名称やタイトルのなかには、5月20日現在、仮称の場合もございますので、正確には公式サイトにてご確認ください。
 
【展示会概要】
名称:第 4 回 Organic Forum Japan~オーガニックライフスタイル EXPO
会期:2019 年 8 月 2 日(金)、3日(土)10:00~17:00
会場:新宿NSビル イベントホール
入場料 :1,000円(税込)/ 業界関係者・一般 ※ 招待状持参 / 事前登録無料
(インターネットでの来場登録は5月末頃より開始の予定)
後援:農林水産省、環境省、木更津市
特別協賛:SHARE THE LOVE for JAPAN、東都生活協同組合、株式会社クレヨンハウス、
オイシックスドット・ラ・大地株式会社、株式会社ナチュラルハウス、
ナチュラルライフ&ビューティーアカデミー
協賛:オーガニック、エシカル、サステナブル関連の関係機関・団体(チラシをご参照ください)
協力:オーガニック、エシカル、サステナブル関連の報道機関・メディア、団体(チラシをご参照ください)
 
【主催者概要】
組織名:一般社団法人オーガニックフォーラムジャパン
会長:徳江 倫明
代表理事 秋元 一宏
所在地:東京都中央区八丁堀 2 丁目 22 番 8 号 7F
TEL:03-3523-0028 FAX:03-3523-0861
E-Mail:info@ofj.or.jp
公式 URL:https://ofj.or.jp
*なお、インターネットでの来場登録は5月末頃より開始の予定です。
 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ