12月8日(火)FMセミナーで配布されたロンドンオリンピックとリオオリンピックのフードビジョン-その(1) ロンドンオリンピックのフードビジョン

一般社団法人フードトラストプロジェクトが主催するFM(フードマーケティング)セミナーが12月8日(火)、法政経営大学院一口坂校舎にて催行され、2020年東京オリンピック・パラリンピックのオーガニックとのかかわりを予測する参考として、2012年ロンドンと2016年のリオオリンピッックの食品調達基準(フードビジョン)の一部の仮訳が参加者に配布された。
 
ここでは、ロンドンオリンピックの食品調達基準(フードビジョン)をご紹介する。
 

2012ロンドンオリンピック食品調達基準(フードビジョン) 【仮訳】
ビジョン、テーマ、コミットメント(公約)、レガシー

ビジョン

おいしく、健康的な、環境に優しい食を、まず第一に目指します。

みんなの体験を向上させます。英国の飲食料品の品質と

広範な多様性を享受し、手頃な価格で提供します。

テーマ 食の安全と衛生 選択とバランス 食の調達元とサプライチェーン 環境マネジメント スキルと教育
公約 ●全会場で食の安全と衛生基準を確認する
●堅実なトレーサビリティ手順を開発し適用する
●悪質な汚染の危険がないよう管理する 
●すべての顧客のために、多様な飲食の範囲があることを確認。質の高さ、食品に対する文化的な要件、価格、入手しやすさを確保する。
●全会場で、無料の飲料水へのアクセスを提供
●すべての顧客グループに健康的で栄養価の高い食を提供する●販売サービスの有効活用 
●オリンピック全体で安全な食の配送をサポート
●飲食料品は高基準で環境に配慮したもの、エシカルなもの、動物愛護の基準に則しているものであることを確認する
●国内の小規模企業や地域や地方の企業を含む広範なサプライチェーンをサポートする
●食の提供に関わる機器の供給を最適化する
●機器のエネルギーと水の効率を最大化する
●期間中、埋立地への直接ごみ搬入をゼロにする(コカコーラケーススタディを参照)
●廃棄物の70%はリユース、リサイクルする-CO2排出量は最小限にとどめる
●食の提供に関わる全スタッフが最小限のトレーニングを受ける
●学生のケーススタディとして活用する
●スタッフ責任者はホスピタリティ訓練を受ける
●調達機関と大学との協力関係を奨励し、サポートする
●大会は前例のない実質的かつ多様なホスピタリティのキャリアを目の当たりにできる比類のない機会である
●持続可能な食の提供を策定するための高品質のフレームワークを開発する
レガシー 商業界、教育界のパートナーシップが育成され、2012食品憲章が採用され、業界全体で食品の持続可能な調達のための基準が引き上げられること

 
商品調達基準

ベンチマーク基準すべての食品は、当基準か、これと同等であることを実証し、LOCOG1)の持続可能な調達コードを遵守すること 野心的(推奨)基準使用できるか入手可能な食品に、達成が推奨される基準あるいは同等であることが実証される基準
植物ベースの農産物(果物、野菜、サラダ、穀物)
レッドトラクター認証、グレード1または2(グレード2は外観のみに関連)。英国産、旬のもの、高品質、目的に合致しているもの、損傷や腐敗していないもの。英国から入手できず、レッドトラクター認証スキーム下でない場合は、完全なトレーサビリティが必要。バナナはフェアトレードのもの。紅茶、コーヒー、砂糖はフェアトレードのもの。 LEAF Marque 認証オーガニックエシカルトレード&調達の食品(フェアトレード認証/レインフォレスト・アライアンスを含む)(キャドバリーのココアパートナーシップケーススタディを参照のこと)GLOBALGAP認証または同等の基準
乳製品(牛乳、クリーム、チーズを除くバターなど)
英国産、レッドトラクター認証、高品質、目的に合致しているもの、損傷や腐敗していないもの。チョコレート製品は、フェアトレードやエシカル調達のもの。 オーガニック(英国産有機牛乳についてはマクドナルドのケーススタディを参照のこと)エシカルトレード&調達の製品(SelkeyVale Farmersのケーススタディを参照)
チーズ
英国産チーズは英国産牛乳製、レッドトラクター認証、チェダーのような伝統的な英国のチーズであること。非英国産のチーズの場合は、完全なトレーサビリティが必要。ともに、高品質、目的に合致しているもの、損傷や腐敗していないもの。 オーガニックエシカルトレード&調達の製品
ライオンマーク付き平飼いの英国産卵(マクドナルドのケーススタディを参照)、高品質、目的に合致しているもの、損傷や腐敗していないもの。 オーガニックエシカルトレード&調達の製品
牛肉、羊肉、子牛肉、羊肉*
英国産、レッドトラクター認証、高品質、目的に合致しているもの、損傷や腐敗していないもの(マクドナルドMAAP/英国ビーフの牛肉のケーススタディを参照)。 オーガニックエシカルトレード&調達の製品
家禽(鶏、七面鳥、アヒルなど)
英国産、レッドトラクター認証、高品質、目的に合致しているもの、損傷や腐敗していないもの。会期中、最低X%*のRSPCA Freedom Foods認定のチキンが使用できるようになる。 平飼いオーガニックRSPCA Freedom Foods認定エシカルトレード&調達の製品
豚肉製品(豚肉、ハム、ベーコン、ソーセージ)
英国産、レッドトラクター認証、高品質、目的に合致しているもの、損傷や腐敗していないもの。会期中、最低X%*のRSPCA Freedom Foods認定の豚肉が使用できるようになる。 RSPCA Freedom Foods認定屋外飼育、麦わらベースの畜舎オーガニックエシカルトレード&調達の製品
魚介類
FAOの責任ある漁業のための行動規範に適合する方法で河川海洋で捕獲された明らかに持続可能なすべての魚**(海洋管理協議会の認証と海洋保護協会の「食べるための魚」を含む)高品質、目的に合致しているもの、損傷や腐敗していないもの。 多様性のある種の使用は、敏感な種への圧力を軽減する養殖魚は、動物福祉的に高水準であり、明らかに持続可能な餌のみを与えられていることエシカルトレード&調達の製品

 
1) LOCOGとはロンドン・オリンピック&パラリンピック組織委員会
– ハラールとコーシャ肉は非常に具体的な準備要件の対象であり、レッドトラクター認証スキームの下では、現在は使用できない。使用する場合、ヨーロッパハラール標準のもの、コーシャ食品はBeth Dinの認証で準備されること。
 
*メニューが提出されたあと、比率は業者と合意する
 
**以下の原則に基づく:
– 最悪として除外:海洋保護協会(MCS)によって「回避すべき魚」として識別されたのは完全に排除する。
– ベストとして推奨:海洋管理協議会(MSC)の認証(または同等品)と海洋保護協会の「食べるための魚」として認定されたもの。
– 残り部分の改善:そのほかについてはトレーサビリティと実証持続可能性への体系的なアプローチが必要であり、FAOの責任ある漁業のための行動規範、新IUU規制、漁業の持続可能性の状況、産卵の季節を避ける季節漁業、多様性のある種の使用(貝類を含む)等を基準とする。
 
イギリスの食品に関する様々な保証・認定制度が出てくるが、詳しくは下記を参照のこと:
西尾道徳氏、イギリスの食品保証制度

《関連キーワード》
, ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ