限りある資源を守るために!ペーパーバッグ配布を終了するヘアードネーションのジョンマスターオーガニック

私たちは日々の生活の中で多くの消費をし、その何気ない消費が確実に地球を蝕んでいます。

株式会社ジョンマスターオーガニックグループ ジャパンカンパニー(所在地:東京都渋谷区恵比寿1-18-14、プレジデント:野田義宗)は、地球に敬意を払うオーガニックブランドとして、紙の使用量削減による森林保護を目的とし、2019年10月1日(火)より無料のペーパーバッグの配布を終了し、エコバッグを推奨することで環境負荷の低減に積極的に取り組みます。

髪本来の美しさ、肌本来の美しさを追求するように、地球本来の自然の美しさを追求するべきだと考えたからです。

 

10月1日からは、地球環境に配慮したFSC森林認証紙を採用し、植物由来のベジタブルインクを使用したショッピングペーパーバッグを販売。

利益重視の違法伐採は森林破壊を招き、地球温暖化につながりますが,適切な森林管理体制のもと、適切に伐採(または間伐)されたものだけを使用した用紙は持続可能な資源として世界的に認証されています。

同時にオリジナルエコバッグも販売し、ペーパーバッグの使用削減を推奨。香港でも同様の取り組みを行い、世界的に地球環境を守る活動にさらなる一歩を踏み出します。

『オリジナルペーパーバッグ』S,M,L 、『オリジナルエコバッグ』

【商品概要】
商品名称 オリジナルペーパーバッグ(S/M/L)
販売価格 各20円(税抜)
発売日 2019年10月1日(火)
販売ルート 直営店舗及びオンラインストア*など
*オンラインストアではLサイズを除く

商品名称 オリジナルエコバッグ
販売価格 450円(税抜)
発売日 2019年10月1日(火)
サイズ W360×H78mm
販売ルート 直営店舗及びオンラインストアなど

 

また、「人と地球にやさしいライフスタイル・コスメティックス」を提案するジョンマスターオーガニックグループ ジャパンカンパニーは、社会貢献の考えを共有できる世界各国の企業や団体と手を結び、残布リユース活動やヘアドネーションを通して、地球にやさしいライフスタイルづくりにも取り組んでいます。


■残布リユース活動

アパレルメーカーの製造工程で発生した残布を全国のジョンマスターオーガニック店舗で販売する瓶製品を包装する緩衝材としてリユースしています。緩衝材として使用した布は、その後お、客様の手でキッチンクロスやコースター、パッチワーク、ハンカチなどに生まれ変わり、再びリユースする好循環が生まれています。

ゴミの減少に大きく貢献できると、株式会社ユナイテッドアローズ、豊島株式会社、株式会社Juliette等の各アパレルメーカーからも多くの支持を得ています。

 


■john masters organics TOKYO『The Salon』による、ヘアドネーション活動

株式会社ジョンマスターオーガニックグループ ジャパンカンパニーでは、病で髪を失った子どもたちの笑顔をウィッグで取り戻す活動を行うNPO法人Japan Hair Donation&Charityの「ヘアドネーション」に賛同。

表参道のjohn masters organics TOKYOにて2017年4月1日(土)より、ヘアドネーション用コースを設け、ヘアカットによる人毛の寄付や募金のサポートを行っています。

31cmの髪の毛を提供することが難しい方のために、募金箱も設置。ドナーとして髪を提供いただいた方には、john masters organicsのヘアケアアイテムがプレゼントされます。

ヘアカット<ヘアドネーション>  ¥7,000(税抜)
ヘアドネーション用の31cm以上のヘアカット後、通常のシャンプー&カットで仕上げるコース。『The Salon』のシャンプー&カットテクニックも体験できます。

【ドナー特典】
john masters organicsのヘアケアアイテム、シャンプー&コンディショナーをプレゼント

john masters organics TOKYO 『The Salon』
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-1-6 イルパラッツィーノ表参道 1F
[TEL] 03-6433-5295
[営業時間]11:00〜21:00 日祝 11:00〜20:00
[URL] johnmasters.tokyo

 

「ヘアドネーション」とは

NPO法人Japan Hair Donation&Charityは、31cm以上の髪の毛の寄付を全国から募り、小児がんや白血病、先天性の無毛症や不慮の事故などにより髪の毛を失った子どもたち(~18歳)に人毛かつフルオーダーメイドの医療用ウィッグを提供しています。現在(2019年10月)250名以上の子どもが順番を待ちながらも、ウィッグ制作費、人毛のドナー不足などの課題によりスムーズな提供が難しくなっています。様々な著名人が髪を寄付したことで話題になり、メディア等にて紹介され反響を呼びました。
 
ジョンマスターオーガニック セレクト公式オンラインストア

 
ジョンマスターオーガニック
企業情報
 
 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ