ベビー服を買って海洋プラスチックごみの回収に寄与しよう!

バングラデシュの児童労働問題の解決に取り組むSunday Morning Factory 株式会社(代表取締役 中村将人/本社:福岡県福岡市)が運営する、エシカルベビー服ブランドHaruulala organic は、海柄の新商品発売にあたり、一般社団法人JEANと連携し、売上の1%を海洋プラスチックの回収にあてる取り組みを2020年12月29日より開始しました。

 

現在、海に流出するプラスチックごみの量は世界中で年間800万トンと言われ、2050年には海洋プラスチックごみの重量が魚の重量を超えることが予測されています。

このままでは、子どもたちが大人になるころには、海はごみであふれてしまう!

そこで、子どもたちに美しい地球を残すため、一人でも多くの人、特に子どもがいる大人たちにこの事実を知ってもらい、行動を変えるきっかけを作りたいと思い、この活動を始めました。

 海の生き物たちをモチーフにした柄「アンダー・ザ・シー」

「アンダー・ザ・シー」で展開する商品アイテムは、スタイ・パンツ・カバーオール・ブランケット・スリーパーなど全部で5点。

素材は全てオーガニックコットンを使用し、洋服は太陽光で発電された電力で縫製されているます。さらに、輸送時に発生するCo2は植林により回収され、環境負荷を最小限に抑えて作られているそう。

スタイ:2,530円(税込)
パンツ:3,520円(税込)
カバーオール:4,950円(税込)
ブランケット:3,850円(税込)
スリーパー:4,950円(税込)

ブランケットとカバーオールが12月29日より発売。
そのほかの商品は1月中旬より発売開始。

 

Haruulala organicのその他の取り組み

リユース商品販売1着につき、1ワクチンを寄付


Haruulala organic では、自社商品の回収とリユース商品の販売も行っています。着ることができなくなった洋服を回収し、自社WEBサイトでリユース商品として販売。その売上利益から、1着につき1本のワクチンを途上国の子どもたちに届けます。またおさがりを促進するために、お名前タグは3人分を用意。おさがりで洋服をもらっても、新たに名前を書くことができるようにしています。

 

企業情報
Haruulala online shop:https://haruulala.life/

 

【一般社団法人JEAN】

一般社団法人JEAN(ジーン)は、30年に渡って海のごみ問題に取り組んできた非営利団体で、1990年に、アメリカの環境NGOがよびかけるInternational Coastal Cleanup=ICCに、日本から初参加したことをきっかけに誕生。

海ごみはプラスチックの使い捨てなど、私たちの生活に起因し、景観を損なうだけではなく、絡まりや誤食など、生物への被害も深刻。ごみを拾うだけでは解決にはならず、元から断つことが必要なので、多くの方に知ってもらうための啓発活動を通じて、海洋ごみ問題を解決するために活動している。

公式サイト:http://www.jean.jp/

 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ