動物モチーフの「服育」キッズTシャツを着て生物多様性を学ぶ!オーガビッツ × Samansa Mos2 Lagom × ズーラシア

豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)が展開するオーガニックコットンブランド“オーガビッツ”は、株式会社キャン(代表取締役社長:立花隆央、岡山県岡山市北区)が展開する子供服ブランド「Samansa Mos2 Lagom (サマンサモスモス ラーゴム)」から、よこはま動物園ズーラシアで人気の動物たちがデザインされたキッズTシャツを2019年3月21日(木)より全国の70以上の店舗およびオンラインショップで発売します。

さらに、4月1日(月)よりはズーラシア内アクアテラスギフトショップでも発売し、20周年を迎えるズーラシアの裏側見学スペシャルツアーに10家族をご招待。

今回発売する商品のデザインは、オカピを代表とするズーラシアで人気の8種類の動物たちをモチーフに描いたオリジナルのイラストを採用し、全国の子ども達に生物多様性の重要さを伝えています。売上の一部は動物園での教育普及活動及び等に役立てられます。

日本で初めてズーラシアが公開した動物・オカピ

素材には環境や生産者に配慮したオーガニックコットン「オーガビッツ」を10%使用。さらに、対象のTシャツを購入した方限定で、ズーラシアのスタッフが園内の裏側を案内するイベント「ズーラシア裏側見学スペシャルツアー」に抽選で10組の家族をご招待。

ツアーでは、村田浩一園長による特別講座のほか、マレーバクへの給餌体験、日本古来の和綿に触れることのできるワークショップなど、子どもたちはもちろん、家族で生物多様性・環境の重要性を学ぶことのできるイベントになっているそう。

オカピ&セスジキノボリカンガルー

 

フンボルトペンギン

発売日  2019年3月21日(木)9:00~  *オンラインショップは17:00~
販売方法 「Samansa Mos2 Lagom」など全国73のキャン系列店舗(3/21時点)、オンラインショップ、ズーラシア内アクアテラスギフトショップ

 

ズーラシア裏側見学ツアー

■開催日  2019年6月29日(土)9:30~16:30
■イベント内容:
園内のガイド(Tシャツにデザインされた8種類の動物)、村田浩一園長による動物講座、インドゾウ舎見学・給餌体験、マレーバク給餌体験・飼料庫見学、オーガニックコットン体験ワークショップ
■応募条件  コラボTシャツご購入いただいた方 ※応募はお一人様一回まで。
■応募期間 2019年3月21日(木)9:00~2019年5月12日(日)23:59
■応募方法 ブランドWEBサイト内・特設ページキャンペーン応募フォームより
Samansa Mos2 Lagom ブランドサイト
■当選発表 当選された方にはメールにてご連絡。

 

オーガビッツとSamansa Mos2 Lagomは、今後も服育活動を通して、社会問題や環境問題に少しでも貢献できる取組を推進していくそう。以下、各関係企業をご紹介します。

 

■よこはま動物園 ズーラシア
「生命の共生・自然との調和」をメインテーマに掲げるよこはま動物園ズーラシア。 この「ズーラシア(ZOORASIA)」という愛称は、動物園(ZOO)と広大な自然をイメージしたユーラシア(EURASIA)の合成語で、平成8年(1996年)秋に市民公募で選ばれました。
生息環境展示や世界の気候帯・地域別にゾーニングすることにより、世界旅行ができる動物園として植物や自然環境について楽しく学べます。

■Samansa Mos2 Lagom
『こどもたちのかわいい笑顔が映える服』
Samansa Mos2 Lagom(サマンサモスモス ラーゴム)はフレンチベーシックに遊び心とトレンド感をさりげなく取り入れた、 心地良いキッズウェア。こども本来の可愛らしさを引き立てるシンプルでナチュラルなデザインをベースに、シーズンエッセンスをほどよくmix。着心地の良さを大切に、こどもたちの笑顔に似合うウェアを提案します。
Samansa Mos2 Lagom 公式オンラインショップ:https://www.can-jp.com/lagom/

■オーガビッツとは?
日本で最も多くのアパレルブランドが参加するオーガニックコットン普及プロジェクト
衣服の原料となる綿花栽培は、世界中で使用されている殺虫剤の約15%、農薬の約7%が使用*されており、農薬の大量使用と土壌汚染、農家の健康被害など多くの環境問題・社会問題ととなり合わせになっています。一方、農薬や化学肥料を3年以上まったく使用していない農地で、有機栽培された綿花がオーガニックコットンです。オーガニックコットンの使用が広がることで、従来の綿花栽培方法が減少し、世界の生産地における問題が改善されていくことが期待されています。

「オーガビッツ」は、みんなで“ちょっと”ずつ地球環境や生産者に貢献しようという想いから、2006年から始まったオーガニックコットン普及プロジェクト。オーガニックコットンが使用・普及されやすくなるように、一着の使用量100%にこだわらず10%の商品を100倍の人に届けるという「逆転の発想」で、現在約100ブランドが参加、累計684万枚以上のアイテムを生産しています。その活動は原産国農家やNPO法人の支援へと拡大し、一枚の服を通して日常的に参加出来る社会貢献活動としての輪も拡がっています。(*出典:Textile Exchange)

【オーガビッツ公式サイト】http://orgabits.com/

 

豊島
企業情報

 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ