「世田谷産の和綿」×「オーガニックコットン」で織り上げた「世田谷和綿ハンカチ」

東京・自由が丘で、純オーガニックコットン専門ブランド「メイド・イン・アース」を運営する株式会社チーム・オースリー(世田谷区・前田剛代表)は、2003年より、和綿プロジェクトを展開してきました。

2019年には、世田谷区内の農家さんの協力を得て和綿(国産在来種コットン、品種:大島在来)を栽培、30kg以上の綿花を収穫しました。

そして、この和綿と高品質なオーガニックコットンのアルティメイトコットンを合わせ、世田谷区の花、鷺草(さぎそう)をモチーフにし、絵画家「福田 勝」デザインのオリジナル柄を、茜染とログウッド染で表現しました。

和綿と洋綿、エネルギー溢れる植物染めとピュアなコットンのきなり色が織りなすハーモニー、天然コットンそのものが持つ柔らかな風合いが楽しめます。コンパクトで薄手ながら丈夫で、実用的。ギフトにもおすすめです。

 

◆和綿ダブルガーゼハンカチーフ【鷺草柄】
ピンク/茜染・グレー/ログウッド染
税込価格:990円

【やわらかなピンク】
ピンクを染めている茜は日本、朝鮮、中国、台湾に自生している多年草のつる性の草。その茜の根を煮だして染料を作る茜染は古代から用いられた染色方法です。優しく鮮やかな色合いが特徴で、見ているだけで優しい気持ちになれます。

【シックなグレー】
グレーを染めているログウッドはメキシコが原産のマメ科の植物。アメリカの先住民族が伝統的に使用していた染料で、古くから薬用や衣類の染色に使われています。コットンのガーゼの風合いに植物の自然で深みのあるグレーがシックで気分も高まります。

 

「和綿の種 ひろがるプロジェクト HOME GROWN」


目的
・タネを守る……絶えつつある貴重な国産在来種コットンのタネを次世代へと受け継ぐ。
・栽培を楽しむ……自宅や学校、店先など、個人から団体で手軽にワタ栽培を楽しむ。
・自給自足・地産地消を学ぶ……自ら繊維の原料を栽培することで衣食住の「衣」を知る。
・ワタから糸にふれる……ワークショップを通してワタから糸になるまでの工程を体験する。
・モノづくりを体感する……収穫したワタでのモノづくり体験から生産から消費までを学ぶ。

 
  ▼プロジェクトの詳細は下記のページでご覧ください。
https://www.made-in-earth.co.jp/special/23209/

▼販売ページはこちら
https://madeinearth-store.jp/c/501/gr517/whk01

《関連キーワード》
, ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ