竹で洗うコインランドリー。天然成分100%の洗剤「バンブークリア」仕様の「ランドリーカーサ」が九州に上陸!

湿気でじめじめして、カビが発生する梅雨の季節。たまってしまった洗濯物やバスタオル、シーツなども安心して洗えるコインランドリーがあればいいのに、と思う日も。「竹炭・竹炭灰・湧水」の3つの原料のみでつくられた衣類用洗剤「バンブークリア」仕様の「ランドリーカーサ」が福岡で2店舗がリニューアルオープンしました。

ランドリーカーサ ラ・ムー若松店
https://coinlaundry-casa.com/lamu-wakamatsu/

安心で自然環境にも配慮されたバンブークリア

繁殖力が強い竹

竹は、日本では縄文時代から、いろいろな素材に使われてきた素材。ぐんぐん成長する竹稈と同じように、地下茎も生命力に溢れた伸長を示します。土質や気象条件によって異なりますが、1年に5mも伸びたという記録があるとか。(参考:農林水産省「竹のおはなし(2)

成長の速さには、マイナス面もあります。昔ほど、竹素材を使わなくなった現代では、高齢化などの要因で、整備されない竹林が地域の課題となっています。

バンブークリア 620ml:1,320円(税込)
エシカルバンブーsuku竹

山口県防府市真尾の竹林を計画伐採し、昔ながらの製法でつくられている洗濯洗剤が「バンブークリア」。竹炭と竹炭を焼いた灰、そしてそこから湧き出す天然水という、シンプルな原料の洗剤。泡立たなくても、しっかり汚れを落としてくれます。

汚れを落とす仕組みは、バンブークリアに含まれるアルカリ成分が、衣類についた皮脂汚れなどの脂肪酸と反応し結合。それが石鹸となって、そのまま汚れを分解して落としてくれるからだそう。

使われているのは完全無農薬の竹

さらに、竹炭に含まれるカリウムやナトリウムなどのミネラル成分が、洗濯物をふっくらやわらかに。柔軟剤が追加投入されることはありません。竹炭の消臭効果も期待できて、赤ちゃんから化学物質に敏感な人まで安心です。

多孔質で内部表面積が大きく、吸着力に優れた竹炭。比較的炭材入手が容易な竹林は全国どこでも低コストで大量生産にも向いています。竹炭の用途は多く、大きな期待が持てるという報告も。(参考:環境年報「竹林と環境」) 生活の中で、なるべく竹炭や竹製品を使うことは、地域社会の課題解決にもなります。

 洗濯排水による河川への汚染の心配もないため、コインランドリーがある地域の環境負荷の削減も期待できます。ただ使い心地の良さを感じるだけでも充分。こんなコインランドリーが、日本各地へ広がっていきますように!

<全国10店舗展開>
・ランドリーカーサ ラ・ムー小倉沼店 
https://coinlaundry-casa.com/lamu-kokuranuma/
・ランドリーカーサ ヤオコー東松山新宿町店 
https://coinlaundry-casa.com/yaoko-higashimatsuyama/
・ランドリーカーサ とりせん加須浜町店 
https://coinlaundry-casa.com/torisen-kazohama/
・ランドリーカーサ フードスクエア水戸見川店 
https://coinlaundry-casa.com/foodsquare-mitomikawa/
・ランドリーカーサ ベイシア高萩モール店 
https://coinlaundry-casa.com/baisia-takahagi/
・ランドリーカーサ ランドローム九十九里店 
https://coinlaundry-casa.com/landrome-kujukuri/
・ランドリーカーサ セイミヤ銚子四日市場店 
https://coinlaundry-casa.com/seimiya-choshiyokkaichiba/
・ブルースカイランドリー カインズ四日市店
・ブルースカイランドリー カインズ吉田店

 

画像参照元:ethical bamboo|エシカルバンブー株式会社

 

企業情報

《関連キーワード》
, , , , ,

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ