ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

ショップ

湘南鮮魚が味わえるナチュラルビストロ ボジュン トミガヤ

DSC_0280

コンサートの感動を味わいながらのお食事にうれしいレストランを見つけました。
渋谷区富ヶ谷の白寿ホール近く、富ヶ谷交差点の角にあるビルの2階「café & SAKANA bistro ボジュン トミガヤ」は、この2月にオープンしたばかり。広々とした店内は、山手通りに向かって窓が大きくとられていて、開放感たっぷりですがすがしい!

 
DSC_0282
▲入り口カウンターそばにはチャヤマクロビオティクス関係の書籍やオーガニック製品がいろいろ置かれています。

 
席に着くとストアマネージャーの大之木さんが今日のメニューを書いた黒板を持って注文を聞きにきてくれました。ちなみに、「ボジュン」とは造語で、Bond(ボンド=絆のボ)と富ヶ谷交差点のジャンクション(ジュン)を繋げたものだそう。人と人とが交差する、マクロビオティックとオーガニックやナチュラルのおいしさの交差点といった意味も込められています。

DSC_0278
▲メニューには「湘南」という文字が目に付きます。

 
ボジュン トミガヤは葉山にある日影茶屋、レストラン・ラ・マーレ・ド・茶屋からスタートした系列店の一つなので、その食材調達のネットワークが生かされています。野菜は藤沢「にこにこ農園」有機野菜がたっぷり使われています。湘南でとれた鮮魚や湘南地鶏、湘南みやじ豚などにもこだわっているので、同伴者がベジタリアンでなくてもだいじょうぶ!魚介やみやじ豚とふじさわ野菜のブロシェット、清流鶏のローストチキン、魚介の特製パエリアといった具合です。もちろん、植物性食材だけを使ったマクロビオティック・メニューもありましたよ!

 
私たちは自家製「湘南地鶏」の燻製とグリーンリーフのサラダ、ポーチドエッグ添えを頼んでみました。
たっぷりの野菜と燻製の香りの高いチキンのサラダにポーチドエッグでボリュームも満点。一人ならこれとフレッシュスムージーで十分夕食になりそうです。

DSC_0285
▲香りがとっても印象的な湘南地鶏の燻製

 
次の一品はイシダイを使った本日のカルパッチョです。フレッシュで歯ごたえがあり、添えてある軽く煮た小カブのスライスのほんのりした甘みがカルパッチョのソースの酸っぱさを和らげてくれます。

DSC_0272
▲「SAKANA bistro」ならではのカルパッチョ

 
ワインのセレクションもリーズナブル。今日はアルゼンチン産のオーガニック赤ワインを堪能しました。カクテルメニューも充実しています。なかでも、スーパーフルーツ・アサイーを使ったカクテル3種は飲む美容液感覚。お肌にはやっぱりビタミンC、ということで、レモンが添えられたカシスとアサイーのダブルポリフェノールを注文しました。ノンアルコールでほどよい甘さ、お肌にも良さそう!

 
茶屋グループは、ケーキのおいしさも折り紙つき。
ボジュン トミガヤのイチ押しは自家製カマンベールチーズケーキだそう。コンサートが終わってからの遅い時間だったので、断念したのが本当に心残り。次回はぜひ!と思える、満足グレードのナチュラルビストロでした。

 
MacrobiCake.jpg
▲マクロビオティックケーキの予約サービス。健康に気を使う方のお祝いやアレルギーのお子様の誕生日などには、マクロビオティックスチャヤグループならではの、植物性の素材だけを使ったマクロビオティックケーキをどうぞ。アレルギー対応もしてくださるそうです。

 
café & SAKANA bistroボジュン トミガヤ

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-35-20 富ヶ谷スプリングス2F
Tel:03-6804-9550
URL:http://www.chayam.co.jp/bojun/

平 日 11:30―23:00(L.O. 22:15)
土日祝 11:00―23:00(L.O. 22:15)
定休日 月曜日(祝祭日は営業・翌日振替休業)

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]