ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ
  • ドイツ版へ

ショップ

毎日のお買い物を、オーガニック・ナチュラルに!スーパーマーケット「ビオラル」始動

ビオラル (1)

首都圏・近畿圏に256店舗(16年2月現在)を展開するスーパーマーケットチェーン『ライフ』が、「オーガニック、ローカル、ヘルシー」と「安心、トレンド、高質」を意識した新業態の店舗をオープンします。 

その第1号店として2016年6月25日(土)、大阪市の「ライフ靭(うつぼ)店」が「BIO-RAL(ビオラル)靭店」に生まれ変わります。

“心も身体も健康で美しく豊かな毎日を過ごしてもらいたいと願うスーパーマーケット” をコンセプトとする「ビオラル」の店舗には、毎日のお買い物機能に加えて、ナチュラルライフスタイルを提案する食料品、日用品が豊富に取り揃えられるそうです。

ビオラル (2)

 

「ビオラル」が大切にする 4つのキーワード

オーガニック(有機) 自然の恵みをいかした農作物や加工品。その価値を伝え、いつでも手にできる場を提供します。

ローカル(地元・地域) その土地で培われたおいしさ、四季折々の実りに感謝し、自然の摂理に合った食生活を提案します。

ヘルシー(健康) 健全な体と心を育む、体にやさしい商品の品ぞろえや開発に取り組みます。

サスティナビリティ(持続可能性) 自然の恵みをこどもの代まで受け継いでいくために、循環型社会の実現、地球環境保持を目指します。

 

「ビオラル靭店」の売場と商品

 〔農産〕近郊の提携農家から直送される、新鮮でお買得な野菜・果物の「農家さんの直売所」コーナー。有機JAS認定の野菜・果物から下ゆで野菜・乾燥野菜などの加工品まで品揃え豊富な「ライフナチュラル・オーガニック」コーナー。そのほか、和歌山県特産農産物を主原料とし、直売所で製造したジェラートを対面販売。

〔水産〕中央卸売市場直送の生魚・切身と、ネタにこだわったお造り「渾身の逸品」。塩干売場では「減塩」コーナーと、素材本来の美味しさを追求した、合成保存料等不使用の「無添加」コーナー。

〔畜産〕抗生物質・合成抗菌剤を使用せず育てた「群馬県産えばらハーブ豚」や「鹿児島県産薩摩ハーブどり」。ハム・ソーセージは、無添加商品をはじめ、無えんせき商品、減塩商品、アレルギー配慮商品など。

〔惣菜〕こだわりの国産原料やスーパーフードを使用し、店内で調理したサラダやグラタンなどを提供するビュッフェコーナーや、店内で販売されている野菜・有機またはこだわりの調味料を使用したビオラル専用商品、素材本来の味を活かしたスープをご提供するスープバー。また、料理研究家 木村緑さん監修の「みどりのごはん」や素材の効能を活かした「薬膳弁当」、店内で精米し炊き上げた手作りおにぎりなど。

〔食品日配〕精米加減を選んで注文できる、お米の量り売りコーナーや、無塩ローストピーナッツから作る、砂糖・バター不使用のピーナッツバターなど。また、化学調味料無添加の商品を取り扱う「久原醤油」のドレッシングやつゆなどの調味料。そのほか、豆腐、あげ、こんにゃく、牛乳、珈琲、ジャム、シリアル、パンなど有機JAS認定商品

〔生活関連〕オーガニック植物エキスを配合した「Nature&Co」のコスメ、アレルギーの起因となる穀物類を使用していないペットフード、香料・着色料・防腐剤不使用の無添加の洗剤、自然由来の成分で作られたシャンプー・石鹸。地中分解するセルロースふきんや水切り袋など、環境に配慮した商品。

〔その他〕超高濃度水素水のサーバを設置。 ※サービス開始は7月6日(水)から


店名「BIO-RAL」の由来
ドイツ語「BIOLOGISCH(有機の)」と英語「NATURAL(自然)」を組み合わせて名付けられました。

ビオラル (4)
▲「BIO-RAL」ロゴ。地図記号の「畑・果樹園・田」に、「海」のイメージを加え、自然の恵みの大切さを表現

 

 

ビオラル靭(うつぼ) 店

大阪市西区靭本町3-5-18
(大阪市営地下鉄 中央線・千日前線「阿波座」駅下車、⑨番出口より徒歩約3分)

改装オープン:2016年6月25日(土)

売り場  1階:ライフ、2階:ライフ、セリア
売場面積1,496㎡(ライフ 964㎡)
駐車場          1階平面

営業時間10:00~22:00
TEL 06-6447-5511

 

 

完成イメージ(1F フロア図)
ビオラル (5)
MAP
ビオラル (8)

 

 

 

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]