サロンと同じ心地よさを体感。エイジングケアブランド「VERIMA」がデザインをリニューアルして発売!

おもにパーソナルケアサロンで使われていたドイツのコスメブランド「VERIMA(ヴェリマ)」。4月下旬から随時、人気のスキンケアラインのフェイスデザインがリニューアルされます。

新しいデザインは、どんなインテリアにもなじむシンプルでやさしい色合い。ハーブがもたらす心地よいスキンケアを自宅でも体験できそう。

 

 

VERIMAは、ドイツ南西部のバーデンというワインの製造でも有名な地で生まれました。美容研究家のラウ女史によって、人と環境にやさしいドイツの伝統植物療法をベースに美容効果の高いコスメがつくられています。1992年の創業当初から、とくにアンチエイジングの研究に力を注ぎ、成分やフォーミュラについて知識を深めているそう。こだわったのは、低温で圧搾するなど植物の抽出方法と肌に与える影響です。

VERIMAが生まれたのはドイツ南西部の自然豊かな地

4年の歳月をかけ、ハーブの特性が生かされた特別なレシピが完成しました。すべて合成防腐剤、人工香料、鉱物油、パラベン不使用でBDIH認定されたアイテムです。動物実験は行わず、遺伝子組み換え原料は使用せず、リサイクル可能なパッケージが使われています。

左から、クレンジングミルク150mL:4,320円(税込)
ローズローション100mL:4,320円(税込)
モイスチャーエッセンス30mL :12,312円(税込)
ローズクリーム45mL:7,776円(税込)、すべて「スペシャルライン」

肌のあらゆる悩みに対応するベーシックな「スペシャルライン」は、ローズとアロエベラが配合され、みずみずしさや潤いが期待できます。その他、極度の乾燥肌にビタミンの宝庫といわれるヒッポファンを配合した「エイジングライン」、40代以上の悩みに寄り添ってくれるシルクセリシンと高麗人参を配合した「ホワイティシルクライン」。

悩みや肌の状態から選べるラインナップ。日本の女性にも合うように開発されているもの。ナチュラルなスキンケアは、年齢を問わず心まで前向きにしてくれそうです。

VERIMA

企業情報

《関連キーワード》
,

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ