京阪電鉄が農業に進出 有機野菜会社ビオ・マーケとを買収へ

2014年8月6日

京阪電気鉄道は6日、有機野菜販売の「ビオ・マーケット」(大阪府豊中市)を買収すると発表した。沿線住民の減少で鉄道事業の伸びが見込めない中、農業分野に進出し、新たな収益源の確立を図る。

食の安全に対する意識の高まりから、質の高い有機農産物は成長が見込めると判断した。京阪電鉄が沿線で運営する百貨店やショッピングモール、系列ホテルにも供給する方針で、グループとしての相乗効果も見込む。

10月にビオの創業家から株式の過半数を取得し、子会社化する。社名はそのまま残す。

ビオは1983年設立で2014年3月期の売上高は30億円。「ビオ・マルシェ」のブランド名で有機野菜の宅配や卸売りを手掛け、京阪電鉄の系列百貨店とも取引があった。さいたま市や千葉県流山市に直営店もある。
 
詳しくは MSN産経ニュース

《関連キーワード》
, , , ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ