オーガニック繊維加工のための国際基準GOTSの最新動向:第一回GOTSカンファレンス開催、年次報告 2014、「ライセンスとラベリングの手引き」改訂など

オーガニック繊維で作られた製品のためのテキスタイル製造・加工の国際基準GOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準)がGOTS 年次報告2014を発表した。
 
それによると2013年に 3085件だった認証件数は一年で 18%増加し、2014年には世界64か国 3663件の施設が GOTS認証を受けている。製造・加工の施設にとどまらず、大手ブランドを含む小売業でもGOTSの認証は広がっており、世界中の消費者にとって「オーガニック原料を使いオーガニックな方法で作られた商品」がより手に取りやすい状況になってきているという。
 
さらに詳しくはリリースをご覧ください。
インド・ムンバイで開催される第一回GOTSカンファレンスの詳細はこちら
 
また、ライセンスとラベリングの手引き、GOTS基準(バージョン 4.0)やその他の日本語による詳細情報はこちらで参照できる。
 
さらに、全ての認定された企業/施設はウェブサイトのパブリックデータベースで検索可能。
 
GOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準)とは
GOTSとはオーガニック繊維で作られた製品のためのテキスタイル製造・加工の国際基準。認証の範囲は紡績、編み、織り、染色、縫製、その他加工の全ての範囲をカバーし、環境的/社会的責任双方への基準を持つ。具体的には遺伝子組み換え技術の禁止、アゾ染料など毒性の強い薬剤の使用禁止、児童労働の禁止、廃水処理方法の基準、社会規範のコンプライアンスなど。
 
テキスタイルにおける「オーガニック」を正しく位置づける為に IVN(ドイツ)、Soil Association(イギリス)、OTA(アメリカ)、JOCA(日本)が協力し国際的に認知される基準作りを行い、日本・中国・英国・米国・カナダ・ドイツ・オーストリア・スイス・インド・バングラディッシュそれぞれの地域を担当する地域代表が GOTSの普及に努めている。

《関連キーワード》
, , , ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ