新規出店や売場拡大が続く「こだわりや」が、完全無添加化粧品サプミーレの店頭販売を開始

都内や近県のターミナル、百貨店、ショッピングセンターに38店舗(2016年1月末現在)の自然食品店を展開する「こだわりや」(東京都豊島区)は、その社名が、企業コンセプトをストレートに表現している。
 
すなわち、「こだわりや」が“こだわる”のは:
・農産物は土づくりを基本とし、有機農法もしくは農薬や化学肥料を極力抑えて栽培しているか
・加工食品は、由来のはっきりした真面目な原料で、添加物は使わず、丁寧に、昔ながらの製法で作られているか
・畜産品は非GMOの飼料で環境に負荷をかけず、動物福祉も尊重して飼育されているか
・水産品は国内近郊で獲れた旬のものであるか


  
こだわりやは1947年創業の池栄青果(東京都豊島区)を起源とし、その“こだわり”は、1977年に、西武デパート(池袋)で大地を守る会の野菜を販売することから始まったという。1978年に無添加、有機栽培生産品販売の「こだわり市場」部門を事業化し、健康安全食品専門販売のパイオニアとしての地位を確立。首都圏の交通アクセスの良いショッピング施設で店舗を展開し、1999年4月に株式会社こだわりやとして独立した。
 
取扱商品の98%が食品であり、化粧品等の雑貨は2%というこだわりやが、今年、店舗限定(現在は、そごう横浜店)ではあるが、自然由来成分100%の化粧品「サプミーレ」(R.B.G株式会社:東京都葛飾区)のフルライン販売に踏み切ったというので、同社取締役 食品企画統括の藤田友紀子氏に話を聞いた。


 
Q: 完全無添加化粧品サプミーレの店頭販売を決定した理由をお聞かせください。
 
A: 直接肌につける化粧品は食べ物と同じ。作りたての新鮮なものを新鮮なうちにお客様の手に、というキャッチフレーズで販売提案がありましたが、最初はお断りしました。
 
こだわりやは野菜や食品のお店であり、化粧品の取り扱いには慣れていません。化粧品の価格構成にも疑問を持っていまして、積極的に扱いたいと思ったことはなかったからです。ですから、最初は話を聞くだけのつもりでした。
 
でも、話を聞いてみると、化粧品成分が野菜販売のこだわりやにとっても親近感のある“植物”由来100%であること。その会社自体(親会社:株式会社花島シーマン)が製品を作っているので、製造現場を確認しようと思えば見ることができ、信頼が置けそうだと感じたこと。さらに、商品価格も消費者目線の納得のいく価格で、これなら、こだわりやのお客様にも無理なく、長くお使いいただけそうだと思いました。
 
こだわりやにとっては、お客様に長く使っていただくこと、取引先として長くお付き合いのできる会社であることは非常に大切なことなのです。
 
店頭に置けるのは製造から3カ月間のみという販売期限の管理やテスターの補充、展示棚を清潔に保つこともサプミーレがしっかり目配りしてくれるということ。また、棚に置いて売りっぱなしではなく、お客様の相談にきめ細かに対応するなど、食品と同じ様に丁寧にフォローをしてくれると聞いて、試しにそごう横浜店に置いて見ようと決定したのです。
 
Q; 藤田さんは、実際に製造現場まで足を運ばれたそうですね。いかがでしたか。
 
A; 先にも申しましたように、長いお取引になりそうでしたので、製造現場である花島シーマン茨城工場(茨城県神栖市)も確認しておきたいと思ったのです。行ってみたら非常に清潔かつ無機的・機能的な施設でびっくりしました。サプミーレは自然化粧品ということから、ハーブや花が咲いている牧歌的な雰囲気の工場をイメージして行きましたので(笑)。
 
でも、行って実際に製造現場を見ることができてよかったです。食品工場で適用されるHACCP(ハサップ:危害分析重要管理点)認証の工場で、衛生や微生物汚染管理もしっかり行われていて、製品の安全性が完全に確保されていることが分かりました。信頼に値する商品づくりが行われていることを確認できました。サプミーレの販売期限付きというユニークな発想も、この工場があってこそだと思いました。
 
Q: 販売開始は1月12日。それからまだあまり間がありませんが、お客さまの反応はいかがですか?
 
A: お店に化粧水や乳液などのコーナーがあることがだんだん知られてきて、購入する方が増えてきている状況です。
商品名は片仮名のモイストウォーターとかモイストヴェールクリームとかいうのですが、昔ながらのお客様が多いこだわりやでは「化粧水」や「乳液」といういい方がしっくりくるんですよ(笑)。
 
こだわりやの商品が水仕事から切り離せないことからの連想と季節柄からでしょうか、ハンドクリームの売れ行きが良いようです。このハンドクリームは付けたままで料理をしたり赤ちゃんに触ったりできる安心・安全な成分でできていることが周知されると、もっと増えるかもしれないですね。

―――――――――――――――

サプミーレは横浜そごうだけでなく、こだわりやのサイトでもインターネット販売を開始している。販売サイトを運営している石井(写真右)さんと馬場(写真中)さんの話では、掲載し始めたサプミーレの周知はこれから。今(取材日:1月25日)は、バレンタイン特集のチョコレートがよく売れている。ちょっと早すぎるのではと感じたが、いいものは早くから売れていくそう。サプミーレのヴァレンタインからホワイトデーに向けたハンドクリームセットの販売も検討中だとか。お客様が必要とされる商品を早め早めに紹介していくために勉強や情報収集には気が抜けないそうです。
 
連絡先:
こだわりや:http://www.kodawariichiba.com/
通販サイト:http://www.kodawariichiba.com/products

サプミーレ:http://www.r-b-g.jp/

《関連キーワード》
, , , ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ