オーガニックコスメのネオナチュラルが『ヘチマで壁面緑化運動」』の参加団体募集

株式会社ネオナチュラル(本社:名古屋市昭和区、代表者:高柳昌博)は、2007年より環境保護活動の一環で、オーガニックコスメの素材として使用しているヘチマの無農薬種を無料配布し、壁面緑化を広げていく「ヘチマで壁面緑化運動」を行っている。10年目を迎える今年は、この活動をさらに広げるべく、個人だけでなく、企業などの団体の参加も募集する。


 ヘチマの壁面緑化(左)ヘチマ水を使用した化粧水(右上)ヘチマの種(下)
 

緑化だけにとどまらないヘチマの魅力

壁面緑化とは、ツル科の植物をカーテン状に育てることで、日差しを遮り、室温の上昇を抑制する省エネ、地球温暖化防止に有効な手段のひとつ。
 
植物の葉から水分が蒸発することで周囲の気温を下げ、グリーンカーテンを通った風は、体感温度として最大約1.7度も低下すると言われている。また、緑化によって冷房の消費電力が32%省エネであったという実験結果もある。(中日新聞2008年1月14日21面より)
 
中でも、スキンケア素材として自社コスメ製品にも使用している“ヘチマ”は、葉が大きくなるため省エネ効果が高く、生育力旺盛で育てやすいので、非常に壁面緑化に適している。
 
夏にグリーンカーテンとして涼しく過ごせるだけでなく、花や実は料理に、秋にはヘチマ水を採って化粧水に、大きな実はヘチマたわしにと、壁面緑化以外にも様々な楽しみ方を、ホームページで紹介、提案している。
 

育てる感動と 快適な夏をお届け
「ヘチマで壁面緑化運動」 参加団体募集
~オーガニックコスメ会社が行うキレイになれるエコ活動

 

オーガニックコスメ会社としての環境活動

2015年12月、参加した196カ国が地球温暖化の阻止へ歴史的な合意を果たした「パリ協定」。日本政府も今年度内に削減目標達成の具体策を出す予定で、環境配慮の意識だけでなく、 “実行に移すこと”の重要性が高まりつつある。
 
ネオナチュラルは、「ヘチマで壁面緑化運動」を2007年より行っているが、こういった時流も意識し、より多くの方々に参加してもらうために、本年より企業や学校といった団体での参加も募集することになった。
 
種配布期間 4月12日(火)朝10時迄   ※用意数に達し次第、終了
参加方法
公式サイト内『ヘチマで壁面緑化運動』ページよりコンタクト,または、以下必要事項記入の上、メールにて。
宛先「support@neo-natural.co.jp」
必要事項:①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④個人名 又は 団体名
 

その他の環境活動 「クローバー環境募金」

製品売上の一部を(財)日本自然保護協会とNPO法人環境リレーションズ研究所の緑林活動「Present Tree」に寄付している。
 

会社概要

法人名 株式会社 ネオナチュラル http://neo-natural.co.jp/
代表者 代表取締役 高柳昌博
本社所在地 〒466-0851 名古屋市昭和区元宮町4-46
設立年月日 昭和40年6月21日
資本金 1,000万円
主な事業内容 オーガニックコスメ、ナチュラルコスメ・日用品製造販売、コスメ原料、有機食品の生産、体験農場の運営
 
直販サイト
楽天市場店
母袋有機農場
 
 
 
 

《関連キーワード》
, , ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ