矢野経済研究所:日本のオーガニック食品市場に関する調査を実施

2017年の国内オーガニック食品市場は前年比102.3%の1,785億円、年率1~2%増の成長が続く
~東京オリンピック・パラリンピック開催によるオーガニック食品の認知向上に期待~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2017年の国内オーガニック食品市場を調査し、分野・カテゴリ別の動向、参入企業動向、将来展望を包括した『2018年版オーガニック食品市場の現状と将来展望』を出版した。
以下、同研究所が発表したリリースをもとに、その概要をご紹介する。
 

オーガニック食品市場規模推移と予測

出所元:(株)矢野経済研究所「オーガニック食品市場に関する調査(2018年)」(2018年10月30日発表)

 

需要家のオーガニック食品の取り扱いおよび使用状況

出所元:(株)矢野経済研究所「オーガニック食品市場に関する調査(2018年)」(2018年10月30日発表)

 

1.市場概況

農産物と加工食品を合算した2017年の国内オーガニック食品市場規模を前年比102.3%の1,785億円と推計した。オーガニック農産物と加工食品の比率は概ね3:7となっている。
 
近年、市場は消費税率が5%から8%に引き上げられた2014年にオーガニック加工食品市場がわずかに縮小したものの、それ以外では年率1~2%増で拡大を続けている。
 

2.注目トピック

オーガニック食品(農産物、加工食品等)の取り扱い/使用状況
本調査に関連して、オーガニック食品の需要家(小売業者、中食業者、ホテル・外食業者等)100社を対象として、電話アンケート調査を実施。
 
調査結果によると、オーガニック食品の取り扱い/使用状況は、「常に取り扱い/使用している」が49.0%となり、「時節によっては取り扱い/使用することがある」(6.0%)を含むと、取り扱っている業者が過半数を占めた。
一方で、「取り扱ったこと/使用したことはない」という回答も44.0%あった。
 

3.将来展望

オーガニック食品市場は今後もゆるやかながら成長を続け、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年にはインバウンド需要の拡大を見込む。
 
またその後も、東京オリンピック・パラリンピック開催を契機としてオーガニック食品の認知が高まり、手軽な加工食品(内食用)やオーガニックレストラン(外食)を手始めとして、一般消費者のオーガニック食品需要が増加する見込み。2022年の国内オーガニック食品市場規模を、2017年比110.0%の1,964億1,000万円と予測する。
 
 
<オーガニック食品市場とは>
本調査におけるオーガニック食品市場はオーガニック農産物とオーガニック加工食品で構成され、農産物は事業者売上高ベースで、加工食品は小売金額ベースで算出した。
 
オーガニック農産物には野菜、米、緑茶等を、オーガニック加工食品には酒類や飲料、畜産加工品、農産加工品、麺類、調味料類、冷凍食品、その他加工食品(レトルトパウチ食品、菓子・デザート類、シリアル、サプリメントなど)等を含む。
 
<市場に含まれる商品・サービス>
オーガニック農産物、オーガニック加工食品
 
プレスリリースの詳細は以下をご参照ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2022
 
なお、掲載されている情報は、発表日現在の情報なので、その後予告なしに変更されることがあります。
 
資料購入に関しては⇒株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/
 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ