ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

フード

食べられるお花「エディブルフラワー」を有機農法で育てている東京・清瀬市の横山園芸を訪ねて

10月から11月は季節的に、エディブルフラワーの品種がたくさん揃っている時期だとのことでしたので、10月中旬に、東京都清瀬市でエディブルフラワーを育てている横山園芸(園主:横山 直樹)を訪ねました。
 

 
もともとダイヤモンドリリーやクリスマスローズ、原種のシクラメンなどの生産で有名だった横山園芸が、エディブルフラワーに挑戦したのは5年ほど前。

食べられる花を作って欲しいとの要望に動かされ、思い立ったそうです。試行錯誤の末、お店に提供できるようになったのは、ようやく、この2年ほど。

 

普通の花とはどこが違うの?

横山園芸さんでは苗から育てるのですが、苗自体が化学農薬やホルモン剤などで汚染されていないこと。園主の横山直樹さん曰く「毒がないことが前提」だそう。

育てる時も野菜と同じように、有機肥料を使った土づくりや有機JAS認定の防虫剤(ニームなど)で防除を行うなど、限りなくオーガニック栽培で育てています。アブラムシには牛乳やでんぷん、殺菌に焼酎といった、安全な食品も活用するそうです。
 

 
だから、我が子にも摘んだお花を洗わずに、そのまま安心して食べさせられるんだとか。実際に、私たち見学者にも花畑から摘んで、その場で、次から次に試食させてくださいました。
 

花それぞれの味の違いを確かめる

まず始めに苗からつまんで頂いたストックの花。カイワレ大根のような味で、柔らかく食べやすい。頂いたのは白い花でしたが、鮮やかな色もあり、サラダにもケーキにも使えるそう。


 
パンジーの株はまだこんなに小さかったのですが、1株から300を超える花を付けるなんて、びっくり!噛むと粘り気が感じられ、最後にシップ剤のような香りが鼻に抜ける感じ。ビタミンAカロチンの含有量が非常に高いらしいです。

 

ほんのり甘い蜜の味と香りのトレニア。夏すみれとも言われていて、暑い夏に次々に花を咲かせる育てやすい夏の花です。


 
スパイシーな香りがあり、エスニックな感じを楽しめるランタナ。


 
菊の仲間のダリアは、ミョウガのような、パセリに似た味がしますよと、花びらを手にノリノリの横山さん。花好きが表情ににじみ出ている!


 

カラフルに咲き乱れる花の種類

もともと花卉の品種改良のエキスパートである横山さん。育てる花の選定は、色や美しさ、味、日持ちの良さなど、お客様に喜ばれることをイメージし、従来の一般的なエディブルフラワーの種類とは違った、一風変わった色合いや雰囲気を持つ独自性の強い品種も選んでいるそう。

咲いている花の種類が多いというこの時期、試食させていただいたパンジー、ストック、ペンタス、マリーゴールド、ナデシコ、ダリア、マム(西洋菊)、バーベナ、コスモスの他、これから定植していくプリムラ、ノースポール、イベリス、ナスタチウム、ヤグルマソウなど全16種。

【ベコニア、キバナコスモス、ペンタス、ナデシコ】

 
さらに、葉物として、クローバー、スベリヒユ、ステビア、アップルミントなどのハーブ類などが育てられています。

【四つ葉のクローバーと、本当に葉が甘かったステビア】

 

美しいだけではないエディブルフラワー

試食で感じたのですが、横山さんのエディブルフラワーには、花それぞれの味やおいしさがしっかりあるんですね。横山さんは、エグ味や苦味が出るのを防ぐため、有機肥料でじっくり育て、水分は控えめにして、味の濃い、日持ちのする花を育てることを心がけているそう。

また、色鮮やかな花の色素には、人の老化を抑える抗酸化作用があるといわれています。エディブルフラワーは、たくさん食べるものではありませんが、一般的な野菜より食物繊維やビタミンCも多いとか。

 

エディブルフラワーを嗜好品から必需品へ

目で楽しむだけでなく、美容や健康にもプラスになるのですから、単に、鑑賞するだけのお花から食の世界にも羽ばたいて、その魅力を発揮し、多くの方に喜んでもらい、その価値を認められる商材になってもらいたいと、横山さんは考えています。

そのために、エディブルフラワーの出荷方法や長持ちするパッケージにも工夫を凝らしました。

収穫後にお花が傷まないよう、茎を5 cmほど残しミニブーケの形とし、十分に水揚げしてシャキッとさせてからパックに詰めます。こうすることで、日持ちが1~2週間、長いものや冷蔵庫に入れれば1か月近くももつとか。

「お花にはお花らしく、到着から使用する最後まで少しでも長くキレイでいてほしい」。そんな想いを込めているそうです。

 

横山園芸のエディブルフラワーはどこで手に入るか?

現在のところ、業者や料理学校など、教室の先生方への卸売りのみで、小売りはしていないそうです。でも、川越近辺の方には耳より情報!

11月3日(土)、ウェスタ川越&ウニクス川越にぎわい広場で開催される《flower festival
はなばたけのはじまり》で販売することが決まりました。
 

期日:11月3日(土) 10:00~15:00
会場:ウニクス川越・ウエスタ川越
   川越市新宿町1-17-1

フラワーマーケットやワークショップ、おいしいフードコーナーなど、さらに詳しくはこちらへ。

 
横山園芸
お問い合わせはメールまたはFAXで
メール:naokiyokoyama@mbf.nifty.com
Fax: 042-493-2530

 
 

《関連キーワード》

/ /

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]