2月5日(火) たった1回のレッスンでグルテンフリーのパン作りをマスター!グルテンフリー・ベイキングワークショップ

最近、「グルテンフリー」という言葉をよく耳にしますよね。世界的に有名なアスリートやトップモデル、ハリウッドのセレブ達が、グルテンフリーの食事法で体調を整えていると話題になっています。

グルテンとは小麦粉などに含まれるたんぱく質のこと。グルテンフリーとは「グルテンを含まない」「グルテンを摂らない」ということを意味します。日本ではまだ少ないようですが、欧米ではグルテンフリーと書かれた食品やレストランメニューが急増しているそう。

食生活のなかで摂取量の多いパンがグルテンフリーパン(米粉パン)として世の中に広がっていくことは、国産米の消費量を拡大して日本の田んぼを守り残す上でも、昨今急上昇している「グルテン不耐症(過敏症)」への対策という意味でも、大きな意味があります。
 

 
とはいえ、「なかなか売っていない」、「高い」、「あんまり美味しくない」など、グルテンフリーパンへの不満をよく耳にするのもまた事実ですよね。

そこで、グルテンフリー・ベイキングの第一人者である大塚せつ子氏の指導のもと、たった一回のレッスンで、簡単で美味しい米粉パンが自宅で焼けるようになるというワークショップが企画されました。オーブンとホームベーカリー、どちらでも焼けるようになるそう。

ちなみに、オーブンとホームベーカリーでは、それぞれ最も美味しく焼きあがるよう、使用する米粉の種類を替えるそうです。

「グルテンフリー云々はさておき、とにかく美味しいパンが食べたい」という方や男性も大歓迎!

グルテンフリー・ベイキングの第一人者大塚せつ子氏

 

グルテンフリー・ベイキングワークショップ

日時:2019年2月5日(火)
●第1部 : 10:30~13:30 (定員8名)
●第2部 : 14:30~17:30 (定員8名)

少人数形式できめ細やかなレッスンが行えるよう、同じ内容のクラスを1日2回開催します。
最小催行人数は第1部・第2部合わせて8人ですので、お申込の際、希望時間帯をご指定ください。

会場:『ON田(おんでん)House』
大塚せつ子グルテンフリークッキングスタジオ表参道
東京都渋谷区神宮前5-16-5 アクセス

参加費:6,000円(原材料費込み)

詳細・お申込: https://food-trust.jp/seminar100/190205/

お問合せ: https://food-trust.jp/mailform/seminar100/seminar.html

主催 :(社)フードトラストプロジェクト
協力: ON田(おんでん)House

 

大塚せつ子
「ON田House 大塚せつ子グルテンフリークッキングスタジオ表参道」代表
日本グルテンフリークッキング協会 代表
一般社団法人日本米粉クッキング協会 代表理事

「田んぼは日本の宝ものである」という考えのもと、田んぼからの恵みである“お米”がもっとたくさん食卓に登場するよう、手軽に出来てしかも美味しい、様々な米粉料理(グルテンフリー料理)を開発。世界自然遺産である白神山地から発見されたパン用の酵母「白神こだま酵母」と出会い、悠久の時を超えてブナ林で生き続けてきた自然界の酵母が、米粉100%でも上質なパンを焼くための秘めた力を持っていることに深い感銘を受ける。自身が主催するクッキングスタジオで料理教室を開催する傍ら、各地のベーカリーやレストラン、自治体等から請われて、グルテンフリークッキングの指導も手がけている。
 
なぜ「グルテン」が問題なのか?

「小麦アレルギー」が無い人でも、グルテンを摂ることで不調を感じるという「グルテン不耐症(過敏症)」が増えている。こういう人がグルテンを摂ると、小腸の粘膜に問題が生じて炎症をおこし、「必要な栄養素が十分に吸収されない」、「腸の粘膜が損傷を受けて腸管の内容物が血液中に染み出してしまう『リーキーガット』という状態になる」、「不要な毒素が体内に取り込まれて慢性的な不調を引き起こす」などのトラブルが発生。

その慢性的な不調により、「食後、たまらなく眠くなる」、「疲労感」「イライラ」「集中力の欠如」「やる気の喪失」「原因不明の落ち込み感」「頭痛」「腹痛」「便秘」」「下痢」「関節痛」「花粉症などアレルギーの症状が重くなる」等の症状が出る。近年の研究では、「ADHD(注意欠陥・多動性衝動)の原因になるというデータもある。

 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ