すべての原料がオーガニック。気軽に食べられるバランス栄養食「フルーツミューズリー」

2006年に有機JASの小分け認証資格を取得した「アースシップ株式会社」。そこで製造される「原料屋ドットコム」のオリジナル商品には、厳しいオーガニック基準をクリアした信頼できるもののみのラインナップ。9月1日、原料屋から「有機シリアル いちじくとデーツのフルーツミューズリー」が発売されました。

有機ライ麦フレークと有機小麦ブランに、有機のフルーツやナッツを54%配合。甘味は、フルーツの自然な甘さだけ。ナッツのコリコリ感も合わせ、味も食感も楽しめるフランス産のオーガニックミューズリーです。

健康を維持してくれる保存食

 

フランス産の小麦ブランやライ麦フレークを使用

穀物全般を指すのが「シリアル」。スイスで生まれたという「ミューズリー」は、シリアルのオート麦にナッツやフルーツを加えたもの。スイスの医師によって、サナトリウムの患者のために開発されたといいます。プラントベースのミューズリーは、ビーガンやベジタリアンなど、食にこだわりを持つ人が増えてきた日本でも人気。

有機シリアル いちじくとデーツのフルーツミューズリー
内容量1kg 賞味期限 1年:1,580円(税込)

サプリメント管理士である担当の岩田静香(いわた しずか)さんによると、ミューズリーの商品開発は「日本で売られているシリアルのほとんどが、砂糖が添加されている。もしくは押し麦等の味が前面に出て、とても美味しいとは言い難いシリアルだった」ことから始まりました。「栄養面と美味しさ、さらにオーガニックにこだわって、穀物、フルーツ、ナッツのバランスがとれた商品を販売したい」と考え開発されたものです。

不溶性の穀物、水溶性のフルーツと食物繊維のバランスが良く、ビタミンやミネラルが豊富なので、日常的な健康維持のためにもぜひ摂り入れてほしい食品です。

ハンドメイドのシリアルバー

そのままミルクやヨーグルトをかけたただけで美味しいのですが、スポーツやアウトドアにも最適なミューズリーバーのレシピをご紹介します!

材料
● 有機シリアル いちじくとデーツのフルーツミューズリー:200g
● ココナッツシュガー:20g
● ココナッツオイル:60g
● 水:大さじ23

作り方
1. ボウルにすべての材料をいれて混ぜる
2. バットやケーキ皿などに流し込んで、上から押さえて固める
3. 180℃で余熱したオーブンで2025分焼く
4. 冷めたら好きなカタチにカットして完成

安心して食べることができるミューズリーを、いつでも持ち歩いて栄養補給できます。また、シリアルはストックできるので、食品ロス削減にもつながります。

 

原料屋では、日本全国のあらゆる原料メーカーから加工工場、輸入業者、世界中の生産者とのつながりを大切にしてきたそう。そのため、直接畑に出かけて原料を選んだり、商品改良の直接依頼もできるのだとか。

毎年のように起こる災害で避難生活を送ることになっても、できれば美味しいオーガニック食品を食べたいもの。そして、消費者として、健康と環境の両面で信頼できる食品を買うことの大切さを感じます。

原料屋ドットコム https://www.genryoya.com/

企業情報

《関連キーワード》
, , ,

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ