ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

ショップ ビューティ

ここちよい「衣・食・住」のすべてを提案する熊本のオーガニックショッピングモール《ピュアリィ》と販売期限のあるナチュラル化粧品サプミーレの九州店頭販売開始

2016年4月16日、最大震度7の地震に見舞われた熊本は、有機農業や自然栽培が盛んな県でもあります。11月の終わりに、ようやく日常の落ち着きを取り戻した観のある熊本を訪れる機会がありました。

城下町の雰囲気を色濃く留める商人の町、古町(ふるまち)で140年の古民家を使ってオーガニックショッピングモールを経営されていた《ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ》さんも、この地震で被災。一時はやめようかとも思うほど被害は甚大だったそうですが、全国のお客様や取引されている農家の方々の励ましもあって、8月5日(土)・6日(日)、東館のリニューアルオープンが実現したそう。
 

 
まだ芳しい木の香りが漂う店内は真新しい白木の壁や床が印象的。その中で、《ベジルッツ》と呼ばれる食品売り場スペースには、地元産の有機農業や無農薬・自然栽培で生産された野菜や果物から加工食品、調味料や日本酒などの伝統食品がところ狭しと並べられています。品数は以前と比べ100以上増えて600アイテムほどだとか。
 
みずみずしい葉物野菜から果菜や根菜、切干大根など、野菜の加工品もこの一角に

品質、成分にこだわった加工食品やオーガニックのスーパーフード。米、豆、雑穀、昆布、鰹節、干しシイタケやドライフルーツ・ナッツの量り売りコーナーもあります。

 

江戸時代、水運が盛んだった坪井川を背に建つピュアリィは当時の石垣がそのまま残されています。地震後、この石垣を心配する声が全国からたくさん届いたそうですが、リニューアルで無事に残すことができました。


 
Purelyレストランは食品売り場の1階奥と地下1階に席があります。1階のレストランから地下に通じる階段があり、地下のスペースは石垣を内装として活用したとても素敵な雰囲気です。

ランチはこのオードブルとサラダからスタートしたのですが、メインが来たときは食べることしか頭になくて写真を撮り忘れてしまいました。全体は下のメニューをご覧ください

窓の外では坪井川がゆったりと流れていました。


 

完全無添加化粧品サプミーレが九州で店頭販売開始

ピュアリィには、オーガニック&ナチュラルコスメ、洗剤などの自然生活雑貨、ベビー服を扱う《なちゅらぶる》と、天然繊維やオーガニックコットンなど自然素材の服を扱う《リリコットン》が入る西館もあります。

西館を入ったすぐのディスプレイテーブルに《なちゅらぶる》に今回初お目見えとなるナチュラルコスメの《サプミーレ》が並べられていました。このところ首都圏や関西圏のこだわりのお店で取り扱いが急増している《サプミーレ》が九州初の店頭販売のお店として選んだのが《なちゅらぶる》だったそうです。

保湿効果の高いサプミーレはこれからの乾燥する季節にピッタリのスキンケアラインです。ピュアリィには小さなお子様をお持ちのお母様方が安全な食材や日用品を求めて数多く来店されます。安心な天然由来成分を使用していながらお財布にも優しいサプミーレは、そんなお母様方にぜひお薦めしたい商品ですねと、店舗責任者の白水さん。サプミーレはこれから九州でも愛用者が増えていくことでしょう。

 

 

ナチュラル&ハーモニックピュアリィ
店舗情報  

 

サプミーレ/R.B.G株式会社(Relax Botanical Garden)
企業情報  
 
 

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]