ベルリン・エシカルファッションレポート1/2–アップサイクル根付くベルリン

2014年7月22日

ドイツ・ベルリンで7月8日から10日までの3日間、フランクフルトメッセの主催でエシカルファッションを扱う見本市が開催された。

「エシカルファッション」という言葉はここ最近、日本でも知られる様になったが、自然素材の使用、製造過程における化学物質の不使用、素材の再利用、また労働者の生活支援(フェアトレード)などをテーマとする新 しいファッションのスタイルとして世界的に注目を集めている。

ドイツでもエコやオーガニックへの関心が高いベルリンで開催された同見本市では、カジュアルなストリートファッションを見せる「エシカル ファッションショー・ベルリン」と、ビジネスやパーティー用のハイファッションを見せる「グリーン ショールーム」の二つに会場を分けて開催した。

会場では、“リサイクル”の上を行く“アップサイクル”と呼ばれる商品が目についた。“アップサイクル”とは、不必要となる素材を用いて新しいものを作り出すことだが、さらに、元の商品より高い価値のものへと変えること。アップサイクルを打ち出す商品の多くは、大量生産の素材を再利用して、世界に一つしかない オリジナルのものへと作り変えられていた。
 
さらに詳しくはinfoseekのFASHION HEADLINEの下記リポートへ:
ベルリン・エシカルファッションレポート1/2
ベルリン・エシカルファッションレポート2/2
 
Ethical Fashion Show Berlinの公式webサイトはこちら

使用写真は展示会サイトのプレスより頂きました:Copyright: Ethical Fashion Show Berlin/Messe Frankfurt

《関連キーワード》
, , ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ