BIOFACH & VIVANESS 2022はコロナパンデミックにより7月26日~29日へと延期

例年2月に開催されているオーガニックフードならびにナチュラルコスメの専門見本市・会議BIOFACH & VIVANESSすでに出展申し込みを完了している出展者の度重なる要望に応え、展示会関係者全員の計画安全性を最大限に高めるために、BIOFACHおよびVIVANESS今年7月26日(木)から29日(土)の開催へと開催期日が変更されました 

世界的なコロナパンデミックの進展と広がりは、BIOFACHとVIVANESSの出展者の間で今後への不確実性への不安掻き立てています。 NürnbergMesseのBIOFACH & VIVANESSのエグゼクティブディレクターであるDanila Brunner氏は、次のように述べています。 

セキュリティ対策計画、上記決定の重要な推進力であった業界の代表者との多くの建設的な議論、およびBIOFACHとVIVANESSへの全関係者の積極的な取り組みに感謝します。出展者とともに、2022年7月26日から29日にニュルンベルクで開催されるBIOFACH & VIVANESSのサマーエディションで、国際的なオーガニックおよびナチュラル化粧品B2Bコミュニティに再び会えることを今から楽しみにしています!」

Messegeschehen allgemein

BIOFACH & VIVANESS 2022:会場とデジタルで多のハイライト

BIOFACH & VIVANESS 20222022年7月26日から29日までNürnbergMesse会場で開催され、デジタルが追加されます。出展者、訪問者、メディアの代表者は、会場での製品やサービスの包括的な把握だけでなく、革新やトレンドを体験し、個人的ネットワークを構築し、国際会議に直接参加できます。 

業界関係者はまた、出展者のデジタル表現からオンラインで情報を入手。コミュニケーションと予約のスケジューリングツールを使用して、対面の見本市を超えてネットワークを構築し、会議の一部をデジタルで体験できます 

2022年ハイライトとしては、たとえば、IFOAM(国際有機農業運動連盟)とBÖLW(ドイツオーガニック食品業界連)との共同で企画されたメイントピックOrganic.Climate.Resilience の下で実施されるBIOFACH国際議会は、「オーガニック」がどのように食料生産をより回復力があり気候に優しいものにするかという社会ならびに政治的な課題を検討します。 

すべてのBIOFACH & VIVANESSの参加者は、トレンド、イノベーション、アワード、および刺激的なさまざまな製品の発見を楽しみにしています。また、パッケージ化されていないセクションも新しくなっています。パッケージングの重要性が増していること考慮に入れられています。 

安全なBIOFACH & VIVANESS 2022の展示会場 

BIOFACH & VIVANESSの衛生コンセプトの基本は、現在有効な感染防止対策条例と、バイエルンで有効な見本市および展示会の一般的な衛生コンセプトに即しています会場の衛生概念は、2021年9月以降にNürnbergMesse展示会会場で行われたすべてのイベントですでに証明されており、正常に実装され、受け入れられています。 

もちろん、BIOFACH & VIVANESSは、イベント時に実施されている衛生および保護措置に従って行われます。パンデミックの状況や法的要件に応じて急遽適応するコンセプトを用いて、ネットワーキングとビジネスを快適に行えるフレームワークが作成されています。出展者と訪問者の両方に適用されるすべての詳細情報と規制は、https://www.biofach.de/de/besucher/schutzmassnahmenでいつでもアクセスできます。 

詳しくは:https://www.biofach.de/en

ニュルンベルクメッセ日本代表部はこちら:https://nm-japan.com/

 

《関連キーワード》
, , ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ