ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

コラム

【Go Organics Japanの挑戦ーGO TEAM農園からのお便り Vol.1】再生型農業と平和をサポートすることをミッションとして

はじめまして、Go Organics Japan(ゴーオーガニクスジャパン)です。

私たちGo Organicsは、2014年にタイからスタートし、香港、そして2015年から日本は福岡県糸島市にて活動をスタートしました。

 

私たちのミッションは、

「Support Regenerative Agriculture + Peace」

~再生型農業+平和をサポートすること~

 

再生型農業? 平和?

私たちは、農薬や化学肥料などを使わず自然のサイクルを利用し再生できる形の農業が広がること、自然との共生をサポートし、それが1人1人の健康や意識の変化・幸せへつながり、沢山の人に広まれば「平和」へつながると信じています。

 

新たな取り組みGO TEAMとは

Go Organics Japanは、家族経営など小規模な農家さんが持続できるよう、農作業や販売をサポートしています。

昨年始まった活動には、「GO TEAM」という農作業のボランティアチームがあります。

日本の農業における問題の一つは、全体的な高齢化です。農業従事者の平均年齢をご存じですか? 65歳を超えているんです。今の60歳代の方々は、高齢者とは呼べないほどお元気な方が多いですよね。

 

でも10年後、果たして農業を継続されているでしょうか? そろそろ農業やめようかな、土地を売ろうかなと考えている方が多いことも現実問題としてあります。

その時になって、日本の農業をなんとかしなければと言っても、「時すでに遅し」ということも。

もう一つの問題は、農薬の使用。農薬を使っていた畑を無農薬栽培用にするには、最低でも3年は必要と言われています。農薬や化学肥料を使わない野菜をつくるには、土壌改善そして経験を積むなど時間を要します。

 

一般的な農薬を使用する慣行農業から無農薬栽培の農業へ切り替えるには、最低3年間もの間、試行錯誤を繰り返しながら収入が安定しない状況に陥ったり。それだけ高いリスクを負ってでも、みんなの健康を考え、安全なものを安心して食べてもらいたい!とチャレンジされている農家さん、「そんな農家さんたちをみんなで応援しよう!」というのが「GO TEAM」です。

 

楽しみながら農家さんをサポート

昨年11月からスタートしたこの活動には、小さいお子さんがいるママさん、OLさん、ご夫婦、ヨガや料理教室の先生など、さまざまな方がメンバーとして参加しています。

 

月1回~4回、農園へ出向き、農家さんと一緒に作業を進めるのですが、内容は草取り、種まき、苗植えなど簡単な作業から、ビニールシートを剥がす力作業など、それぞれができることを対応いただいています。

 

「GO TEAMのサポートがなかったら、この畑は作れなかったよ」

福岡県の糸島半島で、80歳代のご両親と一緒に農家をされている、農夫の高橋さんからの言葉。

 

手が回らず今年は放置しようと思われていた畑一面に、GO TEAMメンバーが野菜の苗を植えました。福岡で雪が降るのは珍しいくらい今季は寒く、そんな中でも野菜たちは元気に育ってくれています。みんなで収穫し、福岡市内そして東京をはじめ全国へ出荷する予定です。

 

GO TEAMでは、農作業だけでなくランチ会やワークショップなど、楽しい体験会も開催しています。

 

今月は、東京から農作業ボランティア体験に来てくれる方がいらっしゃいます。次回は体験の様子をお伝えいたします。

 

GO TEAMへ参加ご希望の方、野菜などの発送も随時受け付けています。

まだまだ風が冷たいけれど、農園は春が少しずつ近づいています。

 

Go Organics Japan
代表 田中 美穂
http://goorganics.jp

 

Go Organics JAPAN代表。長崎県諫早市出身。東京にてIT業界に長年従事。ライフスタイルを見直し、Go Organics(本社:タイ・バンコク)の日本法人、Go Organics Japanを2015年5月に福岡県糸島市にて起業。糸島を中心とした有機農家の思いとともに、農産物を国内だけでなく海外へ向けての拡大を目指す。

《関連キーワード》

/ / /

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]