5月24日(水)第2回オーガニックライフスタイルEXPOの記者発表/出展者説明会開催

7月28日(金)-30日(日)、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される「第2回オーガニックライフスタイルEXPO」の記者発表/出展者説明会が、会期まであと2カ月余りに迫った5月24日(水)、千代田区お茶の水で開催された。イベントに対する昨年以上の関心の高まりを反映し、午前中の記者発表には40名近くの報道関係者、午後の出展者説明会には80名を越える出展者が参加した。


最初に、主催者の一般社団法人オーガニックフォーラムジャパン会長徳江倫明氏より、「第2回オーガニックライフスタイルEXPO」のメインテーマである「オーガニック3.0」とサブテーマである「SDGs:持続可能な開発目標」について説明があった。両タームにまだあまり馴染みのない人にとっては、「オーガニック」の今後の展開が農業を越え、環境ならびに社会全体の持続可能性へと繋がることを知る機会となった。

今年の展示規模は190社240小間を見込み、昨年の約1.7倍のスペースに拡大した会場で、オーガニックなライフスタイルの美味しさ&心地よさを存分に体感してもらえるような展示会を目指しているという。以下は、同日発表されたプレスリリースである。

 

集い、繋がり、交流し、さらなるオーガニックワールドを創造する
第2回「オーガニックライフスタイルEXPO」は、
会期とスペース、ともに拡大して開催

 
大好評のうちに閉幕した第1回目の熱い思いを引き継いで、第2回『オーガニックライフスタイルEXPO』は、7月28日(金)から30日(日)まで東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催する運びとなりました。28日には、ガラス棟会議室においてオーガニック・バイヤーズミーティング及び展示ホールでは2時間限定の商談会をD7ホールではオーガニックシンポジウムを開催、29日、30日にはホールE全館を使い、展示販売商談会を催行いたします。

一般社団法人オーガニックフォーラムジャパンが主催し、一般社団法人フードトラストプロジェクト、ロハスワールド、GON(グローバルオーガニックネットワーク)が共催いたします。第2回『オーガニックライフスタイル EXPO』は、基本コンセプトならびにメインテーマをIFOAM(国際有機農業運動連盟)が提唱する《オーガニック3.0》*の推進とし、サブテーマを国連が提唱する《持続可能な開発目標SDGs》**の実現をめざして展開することになります。(*/**の補足説明はこちら

『オーガニックライフスタイル EXPO』はオーガニックの裾野を広げ、関心を呼び起こし、生活に根付かせ購入につなげるために、ビジネスに一般消費者を巻き込むBtoBtoCの展示会です。この双方にオーガニックライフスタイルの新しい切り口を提起するために、主催者テーマゾーンが企画されています。今年は賛同企業の支援も得ながら、下記のテーマにフォーカスいたします:

● 就農10年未満あるいは中山間地で2町歩未満、さらには第2の人生で有機農業に取り組んでいる就農者のための新規就農者応援ゾーン》
● 家畜のストレスをできる限り少なくした健康的な飼育方法による畜産を実践する《アニマルウェルフェアゾーン》を構築、あわせて第1回アニマルウェルフェアサミットを30日セミナールームで開催
● 昨年のテーマ「Seed Exchange/種の交換会」を派生拡大した、ベランダやレンタル農園から有機農業にトライしてもらうための《Kitchengarden/家庭菜園ゾーン》

28日のオーガニック・バイヤーズミーティング&商談会では、ビジネスを主軸にオリパラ食材調達情報も含め、生鮮、コスメ、フェアトレード関連バイヤー向け専門セミナーを限定開催いたします。夕刻、展示会場の準備が整ったところで、今年の出展者の自慢の品々を事前にプレスやバイヤーの方々にお見せすることを計画しています。主催者ならびに各出展者がバイヤーを招待しあい、充実した商談の2時間を設けます。同時にプレスの皆様には、一般消費者の入場のない、落ち着いた雰囲気の中で、ご取材いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
 

【展示会概要】

 
名  称:第 2 回 Organic Forum Japan~オーガニックラフスタイル EXPO ~Summer
会  期:2017 年 7 月 28 日(金)、29 日(土)、30日(日)
■ 28日(金)オーガニック・バイヤーズミーティング/ガラス棟
(入場料 3,000円(税込)/ 業界関係者 ※ 招待状持参無料)
■ 28日(金)オーガニックフォーラムシンポジウム(仮称)/ D7ホール
(入場料 1,000円(税込)/ 業界関係者一般 ※ 招待状持参 / 事前登録無料)
■ 29日(土)・30日(日)EXPO展示販売商談会 時間10:00~17:00 展示ホールE
(入場料 1,000円(税込)/ 業界関係者・一般 ※ 招待状持参 / 事前登録無料)
後   援:農林水産省、木更津市(予定)
特別協賛:
㈱ローソン、らでぃっしゅぼーや㈱、Radixの会、農林中央金庫、イーサポートリンク㈱、SHARE THE LOVE for JAPAN、 ㈱アバンティ、パタゴニア日本支社、東都生活協同組合、㈱大地を守る会、㈱花ごころ、安心農業㈱
協  賛:
IFOAM JAPAN、NPO法人オーガニック協会、 NPO法人オーガニック事業協会、一般社団法人エシカル協会、一般社団法人エシカルビューティ協会、農事組合法人さんぶ野菜ネットワーク、一般社団法人SEEDS OF LIFE、一般社団法人 日本オーガニックコスメ協会、特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン協会、特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構、特定非営利活動法人 日本有機農業研究会、NPO法人 有機農業参入促進協議会、次代の農と食を創る会、(株)アファス認証センター、オーガニック・テキスタイル世界基準(GOTS)、(株)Control Union Japan、日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(JONA)、(有)リーファース、オーガニック・エコ農と食のネットワーク(NOAF)、有機農業の日委員会、(株)ロハスインターナショナル、(株)オーガニッククルー、一般財団法人 日本GAP協会、一般社団法人ハラル・ジャパン協会、一般社団法人 日本オーガニック検査員協会、正食協会、NPO法人 生物多様性農業支援センター、一般社団法人 日本農林規格協会、一般社団法人 日本ガーデンセラピー協会、NPO法人 全国有機農業推進協議会、特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン、㈱エクステリア風雅舎、学校法人恵泉女子学園大学、Mom’s Lab、 ハイシ―クリエーション、㈱Woo-By.Style、一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会
協  力:
オーガニック生活便(㈱アイシス)、ORGANIC PRESS、 ORGANIC VISION(一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ))、月刊クーヨン(㈱クレヨンハウス)、GON(グローバルオーガニックネットワーク)、grassroots(CREAM INC)、 Japan Today/Savvy Tokyo(㈱ジープラスメディア)、自然と農業(木香書房)、ダイヤモンド・チェーンストア(㈱ダイヤモンド・リテイルメディア)、ベジタリアンマガジン veggy(キラジェンヌ㈱)、野菜だより(㈱学研プラス)、EARTH JOURNAL((㈱アクセスインターナショナル)、ヘルスライフビジネス(㈱ヘルスビジネスマガジン社)、農業ビジネスマガジン(イカロス出版(株))、Fragments((株)Will Be There)、えつらく(㈱新選堂)、beaute d’Or(Myuty-Chic㈱)、aromatopia(フレグランスジャーナル社)、うかたま((一社)農山漁村文化協会)、DIME(小学館)、オルタナ(㈱オルタナ)、セラピスト(㈱BABジャパン)、日本食糧新聞(㈱日本食糧新聞社)、㈲リボーン(エコツーリズム・ネットワーク)
同時開催:
第2回キッズアワード「ぼくとわたしの食べ物の絵コンテスト」、チェアヨガ、基調講演シンポジウム・各種セミナーワークショップ、各種専門&認証講座他シンポジウム・各種セミナーワークショップ他
 
【主催者概要】
組織名:一般社団法人オーガニックフォーラムジャパン
会長 徳江 倫明
代表理事 秋元 一宏
所在地:東京都中央区八丁堀 2 丁目 22 番 8 号 7F(一社)FTP 内
TEL:03-3523-0028 FAX:03-3523-0861
E-Mail:info@ofj.or.jp
公式 URL:https://ofj.or.jp
 
*上記プレスリリースはこちらよりダウンロードできます。
*ビジネスの方の事前来場登録はこちらから
*一般消費者向けの第2回『オーガニックライフスタイルEXPO』に関する記事はこちら
 

《関連キーワード》
, , , ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ