日本茶ベースに特化した海外向けオーガニックティーブランド《AKEBONO TEA》がクラウドファンディングを開始

史上初となる日本茶ベース特化のオーガニックティー《AKEBONO TEA》を手がけるAKEBONO TEA株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田中美怜(みさと))は、創業に伴うプロジェクトをクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて公開。
静岡の美味しい日本茶が身近にある環境で育ち、フランスやイタリアでの留学の際に日本茶がまったく知られていないことに歯痒さを感じた創業者が、「海外で日本茶の存在感を向上させたい」という思いで構想を重ね、3年におよぶ年月を経て誕生した《AKEBONO TEA》。
《AKEBONO TEA》は、海外のライフスタイルに合わせ、親しみやすいよう煎茶にハーブをブレンドしアレンジした、新しい形の日本茶(=ネオ煎茶)ブランドです。
そのすべてに有機栽培の日本茶を使用し、独創的な8種類のブレンドを展開。『伝統と革新性が出逢い、生まれた繊細さ』で、心身の本来の美しさを引き出しつつ、飲む人を上質な時間へと誘います。
 

 
▼《AKEBONO TEA》の5大特徴
1. 全ブレンド、日本茶ベースにハーブの組み合わせ
初めて日本茶を飲む海外の人びとに継続して楽しんでもらうため、日本茶に様々なハーブを組み合わせることで、味わいに広がりを持たせました。ハーブならではの健康効果も期待できます。

 
2. オーガニック原料のみを使用
《AKEBONO TEA》は、すべての原料をオーガニック(有機栽培)の茶葉・ハーブのみに限定し、有機JASマーク取得済みです。
愛飲者の健やかさを支えるために、農薬や化学肥料に頼らず自然の恵みのみで育てたものだけを使用します。
3. 生産者から直接買い付け
安心安全でより美味しいお茶をお届けするため、《AKEBONO TEA》の有機日本茶は、中間業者を挟むことなく生産農家と直接コミュニケーションし、仕入を行っています。
消費者・生産者・生産地・自然環境すべてをサステイナブルな関係性で繋ぎ、皆が満足できる社会を目指します。
4. ティーポットで淹れやすくする工夫
急須を持っていない現代の日本家庭や海外でも、気軽に日本茶を楽しんでもらいたいという想いから、紅茶用ティーポットやマグカップの使用を前提とした最適な淹れ方を提案します。

5. 健康への気配り
一日のカフェイン摂取量にも気を配る健康志向の高い方、妊娠中の方やお子様にも安心して計画的に摂取してもらうために、ラベル正面にカフェインレベルを示すバーを設定しました。

 
 
▼8種のブレンド紹介
・24/7 SENCHA(イツデモ センチャ)
・AMBER HOJICHA(アンバー ホウジチャ)
・SECRET OF ORIENTAL BEAUTY(シークレット オブ オリエンタル ビューティー)
・ZEN DETOX(ゼン デトックス)
・VIRTUE OF BUDDHIST MONKS(バーチュー オブ ブディスト モンクス)
・MARVEL MARMALADE(マーベル マーマレード)
・THE TALE OF GENJI(ザ テイル オブ ゲンジ)
・LATE NIGHT TEMPTATION(レイト ナイト テンプテーション)


 
▼クラウドファンディングページ https://camp-fire.jp/projects/view/97974
上記URLより、お好きな方法での支援を募っています。
▼クラウドファンディング・プロジェクト概要
内容 :日本茶ブランド「AKEBONO TEA」の海外展開費用
目標金額:30万円
期間 :2018年10月15日(月) 9:00~2018年11月16日(金) 23:59
 
▼今後の予定について
本プロジェクトのリターン発送完了後、オンラインショップ兼公式サイトを公開し、8種類の缶商品を販売開始。年内には英語版サイトも公開し、海外への発送を開始予定です。また、ティーバッグ商品の開発を進めており、今冬の発売を予定しています。
 
▼AKEBONO TEA株式会社について
ブランドロゴは「亀甲文様に三つ茶葉」をモチーフにしたもの。茶葉のシンボルは、最も贅沢であり香味豊かなお茶が淹れられる、新芽の部分を表す「一芯二葉」という言葉にもとづいています。

 
社名 : AKEBONO TEA株式会社
代表者 : 代表取締役 田中美怜(みさと)
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂7-11-12 パークルージュ赤坂檜町509号
設立 : 2018年5月
事業内容 : 日本茶ブランド「AKEBONO TEA」の販売事業
URL : https://www.facebook.com/akebonotea/(公式オンラインショップ準備中)
 
▼代表者プロフィール
創業者兼代表取締役 田中美怜(みさと):
慶應義塾大学商学部卒業。在学中にパリ政治学院(フランス)とボッコーニ商科大学(イタリア)に留学、ラグジュアリーブランド経営を学ぶ。新卒でソフトバンク株式会社に入社し、2年間法人営業を経験。その後、スタートアップでの新規事業開発やお茶の輸出入業に携わる。「AKEBONO TEA」立上げのため、2018年春に起業。日本茶や伝統工芸に焦点を当て、本質を大事にしながら、時代や市場の嗜好性に沿った付加価値を持つ商品を企画。

《関連キーワード》

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ