10/25(金)26(土)SDGs有機農業フォーラム2019開催!〜地域創生と学校給食〜

第一次産業はどうあるべきか?地域をどうデザインしていくべきか?オーガニックでの学校給食では代表的な千葉県いすみ市で、地域創生のカギを知る、自治体関係者、業界関係者必見のSDGs有機農業フォーラム2019が開催されます。

 

 

学校給食に有機米を取り入れた千葉県いすみ市をはじめ、全国・世界のSDGsを見据えた環境保全型第一次産業を基盤にした地域づくり、市民社会・企業・行政など多様な主体が多面的に協働するモデルに学び、そのアイディアを共有し実践することが今こそ求められています。

台風15号で甚大な被害を受けた千葉県。 10月25日26日、新旧の有機農業団体、流通事業者、生産者、消費者が参加し、有機農業で千葉県を元気にする、地域を元気にする、そんなフォーラムです。

一緒に千葉県を応援しましょう!

SDGs 有機農業フォーラム 2019 ―地域創生と学校給食―

【日 時】2019 年 10 月 25 日(金) 13 時 00 分~17 時 10 分
【会 場】いすみ市大原文化センター(千葉県いすみ市大原7838)
(26 日同時開催 SDGs 食フェスは会場 旧サンライズガーデン)
参加費(資料代):3,000 円(1 日のみ参加の場合は 2,000 円、いすみ市民は無料)

【内 容】
1 日目(10 月 25 日)@いすみ市大原文化センター 大ホール
13:00    オープニングパフォーマンス Yae
13:10     開会挨拶 実行委員長 大和田 世志人
13:20    基調講演
◎「SDGs 時代の農業」農林水産省 生産局局長 水田正和
◎「地域循環共生圏の構築とSDGs」環境省 総合環境政策統括官 中井徳太郎

13:55     パネルディスカッション ―SDGs 時代のオーガニックと地方創生―
モデレーター:小原壮太郎
パネラー:奥田政行・新井利昌・遠藤忍・岸紅子・徳江倫明・西辻一真・Yae

15:25    「いすみ市の有機米給食100%への取り組みに学ぶ」
◎いすみ市プレゼンテーション(25 分)太田洋市長
◎生物多様性戦略と森里川海 (15 分)手塚幸夫氏
◎技術指導と実施農家の取り組み(20 分)矢澤喜久雄氏 コメント稲葉光國氏
◎給食の現場から報告(10 分)夷隅小学校 5年生

16:35 各地の取り組み事例(10 分×3 事例)(30)
~学校給食等への有機農産物活用、地域循環共生圏構想を踏まえて~
鄭萬哲(韓国 ホンソ郡)
レムケなつこ(ミュンヘン市、コペンハーゲン市)
上博英(埼玉県小川町)

17:10 終了 18:00 ~懇親会 @九十九里ヴィラそとぼう(20:00 まで)

2 日目(10 月 26 日)@いすみ市大原文化センター 大会議室、研修室、視聴覚室
09:00     分科会(それぞれの会場で開始)
◎テーマ「学校給食に有機農産物を!」
学校給食に有機食材を導入する意義やその過程での壁やそれを克服するテクニックなど行政や生産者の経験をお伺いし議論を深めます。
◎テーマ「地域循環共生圏構想とその実践」
環境基本計画で謳われる構想を読み解き、地域創生へ活かすための実践を紹介しながらオープンマイクで理解が深まる議論をします。
◎テーマ「有機栽培技術の基本」
経験に基づいた叡智と実践を知る有機農業の誤解が解けるセッション。有機農業を普及させるために重要な技術を最新の情報と供に共有します。

10:45       各分科会からの共有(@大会議室に集合)
11:30       終了

11:00      同時開催 SDGs 食フェス @旧サンライズガーデン
由利華 LIVE、SDGs 食トーク、シークレットゲストLIVE
15:00      終了、閉会挨拶ttps://ofj.or.jp/

 

主催者挨拶&2日間プログラム
https://food-trust.jp/document/doc/sgds1025-m.pdf

詳細&申込み:https://sdgsorganicforum2019.peatix.com/view

 

《関連キーワード》
, ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ