ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

イベント

【OLE2018】主催者企画ゾーンで学び、楽しもう!《第3回オーガニックライフスタイルEXPO》案内 その2

9月22日(土)・23日(日・祝日)に、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される日本最大規模のオーガニックの祭典《第3回オーガニックライフスタイルEXPO》について、最新情報を盛り込んだニュースリリースが発表されました。

それによると、今年は、出展者が233 社・団体・生産者、250小間にて展開するそう。昨年実績が224 社・団体・生産者246 小間だったので、昨年とほぼ同じ規模のイメージでしょうか。今年は、オーガニックの食を楽しんでもらうために、フードコートの「オーガニックレストラン村」にはテーブルが十分配置されるようです。

 

主催事務局長に聞く、《主催者企画ゾーン》の楽しみ方

『第3回オーガニックライフスタイルEXPO』には、毎回、《主催者企画ゾーン》が設定されています。私たちが一番訴えたいことや取り組みたいテーマ、今後のトレンドを先取りして来場者に提案するものですので、力が入っているんです。優劣はつけがたいので全部紹介してくださいと秋元 一宏 事務局長。

そこで、事務局長にお聞きしながら、『第3回オーガニックライフスタイルEXPO』の目玉、《主催者企画ゾーン》をご紹介しましょう。

 

「キッチンガーデンルーム」は、第1回目からこだわっている、生命の原点「種」をテーマにしています。固定種や在来種の大切さを知り、少しでも自分のライフスタイルに取り入れてもらいたいという思いで立ち上げたものです。

今年も一般社団法人シーズ・オブ・ライフのジョン・ムーアさんや恵泉女学院大学の生徒さんたちの他、自然素材を使う健康住宅を全国にフランチャイズ展開されている無添加住宅さんにご協賛いただき、人と自然に配慮した建材でゾーンづくりが行われます。

シックハウスの心配のない家を建てたいと計画されている方にとっても必見です!

 

「新規就農者応援ゾーン」もオーガニックライフスタイルEXPOのベースとなるミッションの一つとして、第1回目から力を入れています。今年も全国から60を超える農業者が集まります。

このゾーンでは、有機農業を目指し新規就農した生産者たちに直接、話を聞くことができ、手塩に掛けた産物を味わうことができます。もちろん、購入することも! 昨年味わったおいしい野菜に今年もまた会えるかもしれませんよ。

 

「アニマルウェルフェアゾーン」を第1回目に設置した時、来場者から「アニマルウェルフェア」という言葉、初めて聞いたという声が上がりました。それほどまだ日本ではなじみのないアニマルウェルフェア(動物福祉)畜産ですが、このゾーンには、これに取り組む8つもの農業者グループや企業が集まります。

かれらに直接話を聞くことができますので、動物福祉畜産の実態を知るいい機会です。試食もできて、購入することができるブースもありますよ。

アニマルウェルフェアについてはこちらも参考にどうぞ。

 

「エシカルコスメゾーン」がナチュラルコスメプロデューサー小松和子さんのプロデュースで第1回目に登場した時は衝撃的でした。

こんなにスタイリッシュなオーガニックの展示会は見たことがないという声が上がりました。消費者の注目を集める大切さを目の当たりにしたオーガニック業者も多かったのではないでしょうか。

今年も、23ものブランドが結集し、充実のオーガニック&ナチュラルコスメ・ブランドストリートが再現されます。目当てのブランドの購入を楽しみにされている方も多いことでしょう。

 

「オーガニックレストラン村」は2020年のオリンピックを見据えて今回、初めて企画しました。オリンピックでは、毎回、その国の食が世界にアピールされてきました。

今、「和食」は世界でブームになっていますが、2020年こそ、それもオーガニックで提供して、日本の有機食材の美味しさを「オーガニックレストラン村」から発信したいと考えているのです。

今年は、ワングラスのオーガニックワインや有機梅酒を買ってオーガニックメニューを楽しむこともできますよ。

 

「エシカルファッション雑貨コーナー」は昨年に続いて設置される、環境や動物、作る人から使う人に配慮して作られたアクセサリーや雑貨たちのコーナーです。

世界中から集まる雑貨たちですが、一点物が多く、どれも手作り感のある、温かさや優しさが感じられるものばかり!心和むコーナーなので見るだけでも楽しいですが、もちろん購入することもできます。

 

「オーガニックコットンクラフトマーケット」は今回始めて登場します。世は今やハンドクラフトばやりとか。ならば、オーガニックコットンを使って作ってもらおうという思いで企画されました。

中にはすでに販売が軌道に乗っている作家さんもありますが、一般社団法人日本オーガニックコットン協会よりオーガニックコットンのセットを提供してもらって挑戦された方もあります。今後にも繋がるコーナーですので、腕に覚えのある方はぜひのぞいてみてください。

 

「森里海ゾーン」は、海を豊かにするのは森が豊かでなくてはならない、それを守り繋げるのは里であり人であるというコンセプトのもと、国内の実践者が集うゾーンです。

南三陸や水俣など、森から海へ、様々な活動やモノづくりを手がけている人々の繋がりと広がりを目の当たりにし、自分自身を森里海の雄大な連環にゆだねる心地よさを感じてください。

 

このように、《主催者企画ゾーン》には第1回目から継続しているのも多くあります。それこそ、『オーガニックライフスタイルEXPO』のこだわりであり、根底にあるものです。

私たちは年に1回イベントを主催するだけでなく、年間を通りしてオーガニックに関わっていく姿勢で『オーガニックライフスタイルEXPO』に取り組んでいます。

1年間の取り組みの結晶である『オーガニックライフスタイルEXPO』を見て、学んで、お買い物をして、楽しみ、自分のものにしてください。

 

《主催者企画ゾーン》の詳細はこちら:https://ofj.or.jp/plan.html

入場料1000円が無料になる事前入場登録へはこちらから。 
 

主催:一般社団法人オーガニックフォーラムジャパン
E-Mail:info@ofj.or.jp
公式 URL:https://ofj.or.jp
 
 

《関連キーワード》

/ /

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]