ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

フード

新しいお茶の飲み方を提案。ワインのようにグラスで楽しめる「The Tea Company」のボトルティー

仕事のブレイクタイムや健康のためなどなど…。毎日飲まれているお茶ですが、ワインのように色や香りを確かめながらお料理とペアリングしてみたり、そんなふうに楽しめるお茶があります。それが、The Tea Company(ティーカンパニー)がつくったお茶です。

 

香りと味わい、こだわりのラインナップ

The Tea Companyは、日本各地の有機認定されたオーガニック茶葉を使用し、不発酵緑茶、焙煎緑茶、後発発酵茶、半発酵茶、焙煎紅茶、燻製紅茶、花茶をボトリングしています。それぞれの茶葉ごとに最適な条件を吟味し、試作を重ねながら香りや味わいが追求されていきました。

 

 

お酒が飲めない人はもちろん、お酒が飲める人でも満足感が味わえる、お茶の概念をくつがえすハイクオリティな飲み物。ワインのように、相性の良い料理やライトボディー、ミディアムボディーなど味わいの基準も示されています。

 

GYOKURO/玉露 300ml :4,320円(税込)

TSUYUHIKARI/つゆひかり 300ml:2,376円(税込)

紅焙/BENI-HOUJI 300ml:1,728円(税込)
ギフトボックスは、2本入BOX、3本入BOXがあります。

 

The Tea Companyの新たなプロジェクト

生産工場では、有機加工食品の有機JAS生産工程管理者認定も取得され、衛生管理や品質管理も徹底して行われています。

 

そして、耕作放棄された茶園を日本初の発酵茶専用の自社農園にしたい、と「放棄茶園再生」プロジェクトも始められました。日本の緑茶栽培では、一般的には窒素肥料が多く施されているそう。発酵茶には窒素を含まない土壌が適しているため、時の経過とともに肥料が抜けている放棄茶園は、「The Tea Companyが目指す発酵茶」に向いていると考えられているそう。

 

オシャレして出かけたレストランで、こんなカフェインレス・ノンアルコールのお茶があると、お酒が飲めなくても楽しい気分になります。

 

花茶は、口に含むとエレガントな薔薇の香りが立ち上るブレンドティー。美味しいお料理をいただきながら、薔薇のアロマで女性ホルモンのバランスも整え美肌にも導いてくれそう。会話を楽しみながら、五感をフル活用して美味しいお茶を楽しみたいですね。

 

The Tea Company   https://teacompany.thebase.in/

企業情報

《関連キーワード》

/ /
奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]