ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

コラム

【自然療法家 宮本ちほのナチュラルライフ Vol.2】ゆれ動く心と肌のために ー 初春のカモミール薬草セラピー

木々が芽吹く季節が待ち遠しくなる日々
暖かくなるにつれて
冬からの解放感を感じる一方、その季節の変動に伴って心も肌もゆれ動き、
この時期にバランスを崩してしまう人、多いのではないでしょうか?

今回は、そんな敏感なあなたを支えてくれるカモミールのお話です。

 

心身の乱れを整えてくれるカモミール

カモミールは、おもに2種類。ローマンカモミールは
香りがリンゴに似ているため、大地のリンゴを意味する
ギリシア語源がある品種。

 

そして、ジャーマンカモミール(マトリカリア)はラテン語のmatrix(子宮)に由来しており、昔から婦人科系の薬草として使われてきたと言われています。

 

歴史的にも、カモミールはエジプトの太陽の神々に祈りを捧げるときにも、もちいられた神秘のハーブでもあります。

 

冬から春になる季節は、冬眠から出てきた動植物と同じように、
私たちの体も外気温に合わせようと、冬の固まった体が緩み始めますね。

 

花粉や埃なども舞い、心地よい季節なのに憂鬱感を感じる時、
そんな季節にカモミールは力を発揮します。

 

炎症、痒みを抑える効果が期待できるので、皮膚トラブルがある方にも使いやすく、
カモミールの小さな黄色の花の色は、自律神経を司る器官とも関係しているので、緊張によるストレスを解消するよう心理面にも働きかけます。

 

そこで、安心して使える、ローマンカモミールのレシピをご紹介します。バッグに入れて、緊張する場面を香りで和らげたり、眠る前にマッサージしたり、自分のライフスタイルに取り入れ、いろんな使い方を工夫してみてください。

【心と肌が揺らぐときのアロマレシピ】

ローマンカモミール 1滴
ラベンダー  1滴
ホホバオイル 5ml

 

 

ハーブやアロマも、必ず使用前に禁忌事項がないかをチェックすることが必要ですが、ローマンカモミールは赤ちゃんからお年寄りまで使える安心な薬草です。特に、農薬にさらされていないオーガニックのものを使うことで、植物のパワフルな効能が期待できます。

 

 

宮本ちほ https://www.saffnabato.com/

saffnabato(サフナバート)代表。岐阜県出身。インテリアの仕事を経て自然療法を幅広く学ぶ。植物や星の動きも研究しながら自分らしく生きたい人のための案内人としてサロンを開設。ヨガ、アート、旅が好きです。

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]